PR

 この他にも、ZTEが別会社として展開している中国ヌビア・テクノロジー(Nubia Technology)も、ゲーミングスマートフォン「Red Magic」を発表しており、中国のスマートフォン大手であるシャオミ(Xiaomi)が出資しているとされている、新興メーカーの中国ブラックシャーク・テクノロジー(Black Shark Technology、黑鲨科技)からもゲーミングスマートフォン「Black Shark」が発表されている。これまで存在しなかったゲーミングスマートフォンの分野に、大手からベンチャーに至るまで様々な企業が参入してきていることが理解できるだろう。

 ゲーミングスマートフォンが登場した背景として、スマートフォンでゲームをプレイする人が増えていること、そして3Dグラフィックを用いたオンライン対戦など、スマートフォンゲーム自体の高度化が進んでいることが挙げられるだろう。中国や台湾などの企業がゲーミングスマートフォンに積極的なのは、元々スマートフォンに強い企業が多いということもあるが、それに加えてスマートフォンゲームを積極的にプレイする人が多い地域であることも大きく影響していると考えられる。

 そしてもう1つは、やはりゲーミングPCの普及と認知の高まりである。特に東アジアにおいては、日本を除けばコンシューマーゲーム機よりもパソコンでゲームをプレイすることが古くから一般的で、ゲーミングPCの人気は非常に高い。スマートフォンメーカーは、そうしたゲーミングPCの延長線上にゲーミングスマートフォンを提供することにより、新たな市場の確立を狙っていると言えそうだ。実際ゲーミングスマートフォンの多くを見ると、デザインもゲーミングPCに寄せるなど、強く意識している様子がうかがえる。

日本での普及の鍵はPvP

 ゲーミングスマートフォンはカメラなど一般的なスマートフォンが持つ要素も備えており、もちろんスマートフォンとして利用することも可能だ。だがゲームに特化したデザインや設計などを見るに、メーカー側も日常的にスマートフォンとして利用するというよりは、ゲーム専用のサブデバイスと位置付けていると見ることができそうだ。

 現在のところ、ROG Phoneをはじめいずれのゲーミングスマートフォンも、日本での発売については発表がなされていない。では、日本でゲーミングスマートフォンに市場性があるのかというと、難しい部分が多いというのが正直な所である。

 なぜなら日本ではiPhoneをはじめ、既にハイエンドのスマートフォンを持っている人が多い。他の国では安価なミドル・ローエンドクラスのスマートフォンを日常的に使い、ゲーム専用に性能の高いゲーミングスマートフォンを使うというスタイルが考えられるが、日本では普段持っているスマートフォン自体の性能が高く、よほどのこだわりがなければゲーミングスマートフォンを持つ理由付けに乏しい。

 それゆえ性能の高いスマートフォンの利用が多い国では、今のところゲーミングスマートフォンが普及するのは難しいのではないかと筆者は見る。実際、ハイエンドスマートフォンを所有する人の割合が多い韓国でも、PCゲームの人気は高くゲーミングPCは人気だが、スマートフォンメーカーがあえてゲーミングスマートフォンの開発に積極的に動く様子は見られない。

 もし日本でゲーミングスマートフォンが広まるチャンスがあるとすれば、それはゲームの高度化にあると言えよう。実は最近日本でも、中国ネットイース(NetEase)の「荒野行動」や韓国PUBGの「PUBG MOBILE」など、3Dグラフィックを用いたPvP(Player vs Player)、つまりプレイヤー同士が戦うスタイルの海外ゲームの人気がスマートフォンでも高まりつつある。

 こうしたゲームを快適にプレイするにはスマートフォンに高い性能が要求される。このため、スマートフォンでのゲームプレイに専念したい人がゲーム専用のスマートフォンを購入するという流れを生み出す可能性もある。そうした流れが強まってくれば、ゲーミングスマートフォンが受け入れられる土壌も整うかもしれない。

佐野 正弘(さの まさひろ)
フリーライター
福島県出身、東北工業大学卒。エンジニアとしてデジタルコンテンツの開発を手がけた後、携帯電話・モバイル専門のライターに転身。現在では業界動向からカルチャーに至るまで、携帯電話に関連した幅広い分野の執筆を手がける。