PR

 NTTドコモがレンディング、KDDIが個人型確定拠出年金(iDeCo、イデコ)による資産運用サービスを開始するなど、携帯電話事業者が金融事業の拡大に向けた取り組みを相次いで発表している。なぜ携帯電話大手は今、金融事業の拡大に力を注いでいるのだろうか。

NTTドコモは金融機関向けに融資プラットフォームを提供

 NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクの携帯電話大手3社は、本業の通信だけでなく、幅広い事業に進出して注目されるようになった。中でもここ最近、大きな動きが相次いでいるのが金融事業に関する取り組みだ。

 NTTドコモは2018年10月17日に、金融機関向けの融資サービスプラットフォーム「ドコモ レンディングプラットフォーム」の提供を発表している。これは金融機関が個人などを対象としたレンディングサービスを提供するためのプラットフォームである。大きな特徴の1つは、NTTドコモの回線契約者の利用状況から得たデータを基に信用スコアを算出し、それを金融機関での審査に活用できることだという。

NTTドコモは2018年10月17日、金融機関向けの「ドコモ レンディングプラットフォーム」の提供を発表。回線契約者の利用状況から独自の信用スコアを算出し、審査に活用するなどの仕組みが設けられている。写真は同日に実施されたNTTドコモ・FinTechの新たな取り組みに関する発表会より(筆者撮影)
NTTドコモは2018年10月17日、金融機関向けの「ドコモ レンディングプラットフォーム」の提供を発表。回線契約者の利用状況から独自の信用スコアを算出し、審査に活用するなどの仕組みが設けられている。写真は同日に実施されたNTTドコモ・FinTechの新たな取り組みに関する発表会より(筆者撮影)
[画像のクリックで拡大表示]

 そうしたことから、このプラットフォームを利用した融資サービスはNTTドコモの回線契約者向けのみに限定される。だがその代わりに、従来金融機関が用いていた信用情報に加え、新たな信用情報を利用できるため、一律的な融資条件ではなく、より個人に適した融資条件の提示が可能になるという。実際、このプラットフォームを利用したサービスを2019年3月に提供する予定だという新生銀行は、NTTドコモの信用スコアの結果に応じて優遇金利が受けられるなどの仕組みを設ける考えを示している。

 2つ目の特徴はスマートフォンとの連携に優れていることだ。NTTドコモはこのプラットフォームを用いたサービスの利用者に向け、マネーフォワードと共同開発した「レンディングマネージャー」というスマートフォンアプリを提供する。これを用いれば、スマートフォン上で融資の申し入れや借り入れ状況の確認ができる。加えて、家計の状況に応じた融資額の提案や、繰り上げ返済のアドバイスなどもしてくれる。

 また、NTTドコモが提供している電子マネーサービス「ドコモ口座」と連携することも可能とのこと。ドコモ口座を活用すれば融資された金額を24時間いつでも受け取ることができ、セブン銀行のATMから出金も可能だという。