PR

100億円の大盤振る舞いで一気に普及を図る

 一方、PayPayの決済利用者拡大に向けた施策としては、サービス開始当初より、PayPayに新規登録した時点で500円相当の電子マネーをプレゼントするキャンペーンを実施している。だがPayPayの利用促進策はそれだけにとどまらない。

 PayPayは2018年11月22日に記者説明会を開き、利用促進に向け「100億円あげちゃうキャンペーン」を実施すると発表している。これは2018年12月4日から2019年3月31日にかけて、PayPayで支払いをした代金のうち20%が還元されるというものだ(ただし還元額は毎月5万円の上限あり)。

PayPayは2018年12月4日より、100億円を投じ支払額の20%還元を実施するなど、大規模なキャンペーンを実施。短期間のうちに利用者を急拡大する戦略に打って出ている。写真は2018年11月22日に実施された、PayPayの新しい取り組みに関する記者発表会より(筆者撮影)
PayPayは2018年12月4日より、100億円を投じ支払額の20%還元を実施するなど、大規模なキャンペーンを実施。短期間のうちに利用者を急拡大する戦略に打って出ている。写真は2018年11月22日に実施された、PayPayの新しい取り組みに関する記者発表会より(筆者撮影)
[画像のクリックで拡大表示]

 さらに買い物をするごとに抽選が実施され、上限を10万円として、40回に1回の確率で料金が全額還元されるという。ソフトバンクやヤフーの携帯電話契約者はさらに優遇措置が設けられている。「Yahoo!プレミアム」の会員は20回に1回、ソフトバンクやワイモバイルの契約者は10回に1回と、全額還元の確率が大幅に高まるとのことだ。

 そしてもう1つ、キャンペーン開始前日の12月3日までは、プレキャンペーンとしてPayPayに5000円以上チャージすると、1000円相当の電子マネーを上乗せするキャンペーンも実施している。サービス開始当初から類を見ない規模のキャンペーンで明らかにお得だと利用者に訴求し、一気に知名度を高めて普及を図る狙いがあると言えそうだ。

 100億円ものキャンペーン金額負担はPayPayが負うとしているが、サービスを開始したばかりの企業がそこまでの金額を捻出できるのは、やはりソフトバンクとヤフーという後ろ盾があるからこそ。今回のキャンペーン施策はある意味、両社のPayPayにかける期待がそれだけ大きいことも示している。