PR

月額制でゲームの質にこだわる「Apple Arcade」

 そしてもう1社、大きな動きを見せたのがアップルだ。同社は2019年3月25日(米国時間)に実施した発表会で、以前にも触れた通りサブスクリプション型のゲームサービスであるApple Arcadeを発表し、こちらも大いに注目を浴びている。

 改めてその概要について説明すると、Apple ArcadeはiPhone、iPad、Apple TV、そしてMacで利用可能な、月額課金制のゲームサービスとなる。Stadiaとは異なりクラウドゲームサービスではなく、ゲームをダウンロードしてプレーすることから、オフラインでも楽しむことが可能だ。

「Apple Arcade」はサブスクリプション型のゲームサービスで、マルチデバイス対応というだけでなく、アイテム課金や広告がなくゲームの質にこだわっているのが特徴となる
「Apple Arcade」はサブスクリプション型のゲームサービスで、マルチデバイス対応というだけでなく、アイテム課金や広告がなくゲームの質にこだわっているのが特徴となる
(出所:アップル)
[画像のクリックで拡大表示]

 Apple Arcadeは定額制であるため、現在のスマートフォン向けゲームで売り上げを得る主流の方法である、広告やアイテム課金などの仕組みが存在しない。ある意味「出来高払い」となる広告やアイテム課金ではなく、定額制で安定した売り上げが得られることから、その分開発者はコンテンツの質の向上に注力できるというのがApple Arcadeの考え方となっているようだ。

 実際Apple Arcadeでは、「ファイナルファンタジー」シリーズの生みの親として知られる坂口博信氏や、「シムシティ」などを生み出したウィル・ライト氏など、著名なゲームクリエイターの新作が提供されることを大きく打ち出している。ビジネススタイルは異なるものの、従来のコンシューマーゲームに近い、一定の品質を担保したゲームが多く提供されると言えそうだ。

 プラットフォームやダウンロード/ストリーミングなど配信のスタイルを問わなければ、サブスクリプション型のゲームサービスはこれまでいくつか登場している。最近であれば、NTTドコモが出資したフィンランドのハッチエンターテインメント(Hatch Entertainment)の「Hatch」なども、そうしたサービスの1つに挙げられるだろう。今回IT大手の一角を占めるアップルが、サブスクリプション型サービスの提供に踏み切ったことで、今後他の企業が追従する可能性も高そうだ。