PR

 画像から位置を測定するVPS(Visual Positioning Service)は、GPS(Global Positioning System)を補完してより正確な位置を取得する技術だ。米グーグル(Google)がナビゲーションに活用するなど、積極的な取り組みが進められている。AR(拡張現実)の利用拡大に向けても期待される技術だが、実際にVPSを活用していく上での課題はどこにあるのか。KDDIが沖縄県沖縄市で実施した取り組みから追っていこう。

KDDIが沖縄でVPSを活用したARコンテンツを披露

 5G(第5世代移動通信システム)の商用サービス開始に向け、携帯電話各社が新技術を活用したサービスの開発を進めている。中でもAR技術の活用に力を入れているのがKDDIだ。実際同社と沖縄セルラーは、2019年11月23日に沖縄県沖縄市で開催された第27回「沖縄国際カーニバル」に合わせ、ARを活用した幾つかの展示を実施している。

 その1つはスマートグラスを活用したARゲームの展示である。KDDIと提携している中国エンリアル(nreal)のスマートグラス「nreal light」を装着し、ゾンビを倒すARシューティングゲームが展示の内容だ。同時に2人のプレーヤーが同じ空間を共有し、協力プレーができるというのが大きな特徴となっている。KDDIによると眼鏡型のデバイスによるプレー型シューティングゲームの展開は日本初になるとのことだ。

KDDIと沖縄セルラーは第27回「沖縄国際カーニバル」でARを活用した展示を実施。その1つはエンリアルのスマートグラスを用いたマルチプレー型のARシューティングになる。写真は同イベントより(筆者撮影)
KDDIと沖縄セルラーは第27回「沖縄国際カーニバル」でARを活用した展示を実施。その1つはエンリアルのスマートグラスを用いたマルチプレー型のARシューティングになる。写真は同イベントより(筆者撮影)
[画像のクリックで拡大表示]

 そしてもう1つは、専用のアプリを搭載したスマートフォンを街並みにかざし、その地域の懐かしい写真を実空間に表示させ、歴史を振り返ることができる「AUGMENT(拡張)」体験というもの。そしてこちらの展示に用いられていたのが「VPS」という技術だ。

KDDIと沖縄セルラーが沖縄県沖縄市で実施した、VPSを活用した「AUGMENT」体験。街中で専用のスマートフォンをかざすと、同じ場所の昔の写真を見ることができる。写真は2019年11月23日の第27回「沖縄国際カーニバル」より(筆者撮影)
KDDIと沖縄セルラーが沖縄県沖縄市で実施した、VPSを活用した「AUGMENT」体験。街中で専用のスマートフォンをかざすと、同じ場所の昔の写真を見ることができる。写真は2019年11月23日の第27回「沖縄国際カーニバル」より(筆者撮影)
[画像のクリックで拡大表示]

 VPSとは、カメラの映像から向きや方位などを含む正確な位置を推測する技術である。GPSによる測位ではどうしても誤差が生じてしまうが、それにVPSを組み合わせることで、より正確に位置を測定できるようにする。オブジェクトを正確に表示するために正確な測位が必要なARでの活用が期待されている。

 KDDIはこのVPSの活用に関して、衛星写真から3Dマップを作成し、それを基にしたVPSによる測位技術を持つ米スターフィー(Sturfee)と提携している。先の「AUGMENT」体験の展示でも、同社の技術を活用して測位することにより、正確なAR表現を実現できるようになっている。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
日経電子版セット今なら2カ月無料