PR
セミナー
コロナで炎上、それ本当?~計算社会科学でSNSデマを解き明かす! 6/3 18時

 NTTドコモは新料金プラン「ギガホ」の契約者に向け、米アマゾン・ドット・コム(Amazon.com)の会員制プログラム「Amazonプライム」を1年間無料で利用できる「ドコモのプランについてくるAmazonプライム」を2019年12月1日より提供開始した。料金プランと人気のコンテンツサービスをセットにする施策は最近増えているが、この取り組みの先には何が待っているのだろうか。

「ギガホ」契約者は「Amazonプライム」が1年無料に

 2019年11月26日、NTTドコモは急遽(きゅうきょ)記者発表会を実施。同社が2019年6月より提供している新しい料金プランの1つ「ギガホ」の契約者に、「Amazonプライム」が1年間無料で利用できる「ドコモのプランについてくるAmazonプライム」を2019年12月1日より提供開始すると発表したのだ。

NTTドコモは新料金プラン「ギガホ」の契約者に、「Amazonプライム」を1年間無料で利用できる施策を発表。当面はキャンペーン施策として、「ギガライト」の利用者その対象になるという。写真は2019年11月26日の「ドコモとAmazonの取り組み」発表会より(筆者撮影)
NTTドコモは新料金プラン「ギガホ」の契約者に、「Amazonプライム」を1年間無料で利用できる施策を発表。当面はキャンペーン施策として、「ギガライト」の利用者その対象になるという。写真は2019年11月26日の「ドコモとAmazonの取り組み」発表会より(筆者撮影)
[画像のクリックで拡大表示]

 Amazonプライムは年額4900円、または月額500円で利用できる有料会員プログラムである。アマゾンジャパンが運営するECサイト「Amazon.co.jp」で「お急ぎ便」やお届け日時の指定が利用できるなどの優遇が受けられるのに加え、映像配信の「Prime Video」や音楽配信の「Prime Music」など、豊富なコンテンツが利用できることから日本でも人気が高い。そのAmazonプライムを、ギガホを契約している人であれば誰でも1年間、無料で利用できるのは非常にお得であることに間違いはない。

 しかもNTTドコモは当面の間、通信容量が大きいギガホだけでなく、通信容量が少ない「ギガライト」の契約者に対しても、同様にAmazonプライムを1年間利用できるスタートアップキャンペーンを実施するとのこと。このキャンペーンの終了時期は未定とのことで、当面は新料金プランを新規契約、あるいは古いプランから新料金プランに変更しさえすればAmazonプライムの特典が得られることになる。

 加えてNTTドコモは、Amazon.co.jpで買い物をした際、同社の決済サービス「d払い」を利用すると通常の5倍、100円当たり5%のdポイント還元も実施するとのこと。アマゾンジャパン、ひいてはアマゾン・ドット・コムとの連携を大幅に強化してきたことが分かる。

 NTTドコモとアマゾン・ドット・コムとの関係は比較的古く、2012年にはアマゾン・ドット・コムの電子書籍端末「Kindle Paperwhite Wi-Fi + 3G」に向け、NTTドコモの3Gネットワークを提供したことがある。また最近では、2018年末にAmazon.co.jpでの決済にd払いが利用できるようになり、NTTドコモのポイントプログラム「dポイント」を貯められたり、決済に利用できたりすることが話題となった。

 そうしたことから両社がより一層深い関係を構築するべく、今回の取り組みに至ったと見ることができるが、NTTドコモが打ち出した新料金プランと人気のコンテンツサービスを組み合わせた施策は、これだけではない。