PR

 2020年はいよいよ日本で5G(第5世代移動通信システム)のサービスが始まる。4Gよりはるかに性能が高い5Gの登場によって、2020年はスマートフォン、そしてモバイルのコンテンツやサービスにどのような変化が訪れるのかを考えてみたい。

サービス開始当初の5Gは「高速大容量通信」のみ

 ついに年が明けて2020年が始まったが、国内で最も注目を浴びることになるのは、夏に開催される東京オリンピック・パラリンピックであることに疑いの余地はないだろう。筆者も幾度となく観戦チケットの応募に外れていることから、その期待や関心の高さをうかがい知ることができる。

 だが携帯電話という視点で考えた場合、やはり2020年に大きく盛り上がるのは、次世代のモバイル通信規格である5Gだろう。日本では東京五輪に合わせて商用サービスを開始する方針を取ったため諸外国より1年遅れてのスタートとなるが、2020年3月には携帯大手3社が5Gの商用サービスを開始し、5G対応スマートフォンも次々登場することが予想される。

NTTドコモは2019年9月20日に5Gのプレサービスを開始したが、2020年にはいよいよ商用サービスがスタートする予定だ。写真は同日に実施されたNTTドコモの5Gプレサービスローンチセレモニーより(筆者撮影)
NTTドコモは2019年9月20日に5Gのプレサービスを開始したが、2020年にはいよいよ商用サービスがスタートする予定だ。写真は同日に実施されたNTTドコモの5Gプレサービスローンチセレモニーより(筆者撮影)
[画像のクリックで拡大表示]

 携帯電話事業者は、東京五輪という大きなイベントに合わせる形で、5Gを活用した先進的なサービスをアピールしてくることが予想される。そうしたことから2020年、消費者の5Gに対する期待は非常に高まると予想されるが、その期待に実際に応えられるかという点には疑問があるというのが正直なところである。

 そもそも導入当初の5Gは、4Gのネットワークの中に5Gの通信機器を導入することで、5Gの機能の一部を実現するノンスタンドアローン運用となるため、通信速度は大幅に速くなることが見込めるものの、自動運転の実現などに欠かせないとされる5Gの特徴の1つ「超低遅延」などがすぐ実現できるわけではない。

 そうしたことから消費者は5Gの開始当初、スマートフォンの通信速度がものすごく速くなるくらいのメリットしか受けられないし、2020年中はエリア整備も途上であることから恩恵を受けられるのも一部地域の人に限られるため、期待外れの印象を与える可能性が高いと筆者は見ている。だがそれでも5Gの導入により、我々が利用するアプリやサービスにも、少しずつではあるがいくつかの変化が出てくる可能性が高い。