全2532文字
PR

 KDDIと長野県伊那市は2020年8月5日、ドローンで商品を配達する買い物サービス「ゆうあいマーケット」の開始を発表した。KDDIのモバイル通信を活用した「スマートドローン」のシステムを活用し、自治体が運営主体となる初のドローン配送事業とのことだが課題も多い。どうやってドローンを使った商品配送を実現しているのだろうか。

ケーブルテレビで注文した商品をドローンで配送

 モバイル通信を活用してドローンの目視外飛行を実現する「スマートドローン」のプラットフォーム開発に力を入れているKDDI。韓国の通信事業者であるLG Uplus(LGユープラス)と同事業で提携関係を結ぶなど、スマートドローンの事業化に向け積極的な取り組みを進めている。

 そのKDDIがスマートドローンの事業化に向けた新たな取り組みの1つを発表した。2020年8月5日から長野県伊那市と伊那ケーブルテレビジョン、そしてKDDIがドローンによる商品配達をする買い物サービス「ゆうあいマーケット」の提供を始めた。

 これは伊那市の買い物困難者を支援するため、注文された商品についてスマートドローンを活用して配達するというもの。伊那市には中山間部に住む人が多く日々の移動が大変なことに加え、少子高齢化も進んでおり買い物困難者も増えている。こうした人たちを支援するために取り組む事業になる。

KDDIと長野県伊那市らが提供する「ゆうあいマーケット」。中山間部の住民に向け、注文した商品をドローンで配送する
KDDIと長野県伊那市らが提供する「ゆうあいマーケット」。中山間部の住民に向け、注文した商品をドローンで配送する
(出所:KDDI)

 具体的には、伊那ケーブルテレビジョンのケーブルテレビを使って300以上の商品の中から注文してもらうと、その商品をドローンで近くの公民館まで配送する仕組みだ。午前11時までに注文すればその日の夕方には商品が届くという。注文者は公民館まで受け取りに行くか、受け取りに行けない場合はボランティアが公民館から自宅まで配送する。

「ゆうあいマーケット」の仕組み。ケーブルテレビで注文した商品を各地域の配送拠点から最寄りの公民館へとドローンで運び、公民館で商品を受け取る
「ゆうあいマーケット」の仕組み。ケーブルテレビで注文した商品を各地域の配送拠点から最寄りの公民館へとドローンで運び、公民館で商品を受け取る
(出所:KDDI)
[画像のクリックで拡大表示]

 このサービスを利用するには商品の購入代金の他に月額1000円のサービス利用料が必要になる。料金は毎月のケーブルテレビの料金と一緒に請求される。ケーブルテレビを普段から利用している人であれば、難しい操作を覚える必要はなく、簡単に買い物ができる。