全2702文字
PR

 米Amazon.com(アマゾン・ドット・コム)傘下でオーディオブックの配信サービス「Audible」を運営する米Audible(オーディブル)は2020年11月19日、日本でのAudibleに関する新戦略について発表した。日本独自のオリジナルコンテンツの制作・配信を打ち出す同社だが、ポッドキャストがはやらなかった日本でどこまでオーディオコンテンツを楽しむ文化を浸透させられるだろうか。

コロナ禍で日本の利用者が約2倍に

 2020年は新型コロナウイルスの感染拡大が旅行や飲食など様々な産業にマイナスの影響を与えた。一方で外出自粛の要請などにより自宅で過ごす機会が増えたこともあり、インターネットのコンテンツ配信サービスは活況を呈しているようだ。

 オーディオブックを中心としたオーディオコンテンツを配信する、アマゾン・ドット・コム傘下のAudibleも、そうしたコロナ禍で人気を高めたコンテンツサービスの1つに挙げられる。Audibleは国内外で40万冊ものオーディオブックを配信する。この分野では大手のサービスであり、日本でも2015年にサービスを開始して以降、徐々に人気を高めてきた。

 さらに2020年はコロナ禍によって多くの人々が自宅で過ごすようになり、Audibleは急速な伸びを示しているという。アマゾンジャパン オーディブル事業部のAPACシニアバイスプレジデントであるマシュー・ゲイン氏によると、Audibleはコロナ禍で世界的に利用者を増やしており、中でも日本は有料会員が約2倍に増えるなど世界トップの成長率を遂げているという。

2020年11月19日に実施されたAudibleの戦略発表会後に実施されたラウンドテーブルで、質問に答えるマシュー・ゲイン氏(筆者撮影)
2020年11月19日に実施されたAudibleの戦略発表会後に実施されたラウンドテーブルで、質問に答えるマシュー・ゲイン氏(筆者撮影)
[画像のクリックで拡大表示]

 もっともAudibleが日本で急速に伸びたのは、コロナ禍だけが原因ではないようだ。ゲイン氏によると、日本市場はこれまでオーディオコンテンツの利用が他の国より浸透していなかったが、出版社がオーディオブックに可能性を見出しコンテンツ配信に力を入れるようになり、それに呼応してユーザーニーズも高まるなどして急速に好循環が生まれつつあるのだという。

 日本での事業拡大に向けコンテンツの充実を進めていたタイミングに、コロナ禍によりオーディオコンテンツに触れる時間が増えたことが重なり、日本での急成長につながったといえそうだ。そうした背景を受けAudibleでは、日本でのさらなる利用者拡大に向けた新しい戦略を打ち出すに至っている。

コンテンツの充実やコロナ禍の影響などにより、Audibleは日本における2020年の有料会員数が、前年対比で大きく伸びているとのこと。写真は2020年11月19日のAudible戦略発表会より(筆者撮影)
コンテンツの充実やコロナ禍の影響などにより、Audibleは日本における2020年の有料会員数が、前年対比で大きく伸びているとのこと。写真は2020年11月19日のAudible戦略発表会より(筆者撮影)
[画像のクリックで拡大表示]