PR

混雑レーダーは見ているだけでも楽しい

 僕がYahoo! MAPを使い始めた最大の理由が、「混雑レーダー」だ。これを4つめのポイントとして挙げたい。

 混雑レーダーは、地図上に人の多さを表示する機能である。「Yahoo!防災情報」というアプリを利用している人をヒートマップで表示しているのだが、これがとても興味深く、使ってみて「これぞビッグデータの活用だ」と膝を打った。3時間前の混雑状況も分かるので、既に空き始めているのか、逆に混雑へ向かっているのかが推測できるのだ。

 使い方の一例として旅行先で訪問する候補が複数ある場合はチェックして、空いている場所を選んでもいいだろう。花火大会などの屋外イベントでは、比較的空いている場所を探せる可能性がある。散歩やウォーキングに出かけるなら、普段空いている場所がお祭りやイベントで妙に混雑していることもあるので、この機能を参考にして人の少ないお寺や河原などを目指しても良さそうだ。

東京ディズニーリゾートも早朝だと空いているが、駅の周りから徐々に混み始める
東京ディズニーリゾートも早朝だと空いているが、駅の周りから徐々に混み始める
[画像のクリックで拡大表示]
混雑している駅も分かるのでお出かけの参考にできるだろう
混雑している駅も分かるのでお出かけの参考にできるだろう
[画像のクリックで拡大表示]
空いているお寺や公園などを目指してウォーキングしてみるのもよいだろう
空いているお寺や公園などを目指してウォーキングしてみるのもよいだろう
[画像のクリックで拡大表示]