PR

 iPhone XS/XS Max/XRが登場した。いずれも「Qi」規格によるワイヤレス充電に対応している。ワイヤレス充電パッドはiPhoneを置くだけ。ケーブルをつながなくてよいのが便利だし、美しいiPhone XSシリーズの傷も減る。ケーブルを挿すとどうしても、コネクター回りが傷付きがちだ。また夜寝る前に、iPhoneを置くだけで、朝にはフル充電されているのはうれしいところだ。

 しかし残念ながらアップル純正のワイヤレス充電パッドはいまだにリリースされていない。サードパーティー製品を手に入れるしかないのが実情だ。

 とはいえ、ワイヤレス充電のスマートフォンは増えており、対応パッドが次々と発売されている。アップル純正でなくて構わなければ、数が多くて選ぶのに困る状態になっている。では、iPhoneにワイヤレス充電をするには、どのような条件で選ぶとよいのだろうか。今回は、しばらく使い続けて感じたポイントを含めて紹介していこう。

ワイヤレス充電パッドは多くの種類が登場している
ワイヤレス充電パッドは多くの種類が登場している
[画像のクリックで拡大表示]