PR
全2520文字

 スマホやPCの周辺機器メーカーとして知名度が上がっている中国のアンカー(Anker)だが、今も矢継ぎ早に新製品を投入している。それらの中でも有名なのは、モバイルバッテリーやUSB充電器など充電関連の製品だろう。今回は、ビジネス向けと銘打たれたモバイルバッテリー「PowerCore+ 19000 PD」をレビューする。

 価格は、1万999円(3月中旬にAmazon.co.jpで調べた税込み価格。以下同じ)とモバイルバッテリーの中ではちょっと高価だ。ただ、最大30Wの出力が可能なUSB PD対応充電器と、USB Type-Cケーブルが付属することを考えれば妥当なところだろう。

PowerCore+ 19000 PDと付属品
PowerCore+ 19000 PDと付属品
(撮影:アバンギャルド、以下同じ)
[画像のクリックで拡大表示]

スマホ用としてはオーバースペック

 モバイルバッテリーは基本的に持ち運んで使うものなので、サイズと重量は気になるところだ。約2万mAhクラスのバッテリーはどれも重く大きいので、毎日の持ち運びに負担を感じる。とはいえ、PCを充電するなら1万mAh程度では物足りないので、最低でも2万mAh前後の容量が1つの目安になるはずだ。一方、スマホ向きとして考えているなら、間違いなくオーバースペックである。

 今回は、アンカー製のUSB Power Delivery(USB PD)対応バッテリー2機種とサイズを比べてみた。比較対象は、さらに大容量の「PowerCore+ 26800 PD」(充電器付きモデル、税込み9999円)と、製品名の通りゲーム機の充電を想定した「PowerCore 20100 Nintendo Switch Edition」(税込み6980円)である。

左からPowerCore+ 26800 PD、PowerCore+ 19000 PD、PowerCore 20100 Nintendo Switch Edition
左からPowerCore+ 26800 PD、PowerCore+ 19000 PD、PowerCore 20100 Nintendo Switch Edition
[画像のクリックで拡大表示]

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
有料会員と登録会員の違い