全2103文字
PR

 米マイクロソフト(Microsoft)がスマホ向けの新しいOfficeアプリをリリースした。同社が2020年2月、英文のブログに掲載した告知によると、これまでパブリックプレビューとして提供していたものを一般に入手可能にしたという。WordとExcel、PowerPointを1つにまとめており、Android用とiOS用がある。今回Androidスマホでこのアプリを使ってみたので、機能や使い勝手などに関して思うところを述べたい。

 僕はMicrosoftアカウントを持っていて、Office 365 Business Premiumのサブスクリプションを購入している。この状態でアプリを使った。Android向けのアプリはGoogle Playで配布している。アプリ名は「Microsoft Office: Word、Excel、PowerPoint など」だ(以下、「新しいOfficeアプリ」と表記する)。

アプリはストアからインストールできる
アプリはストアからインストールできる
[画像のクリックで拡大表示]

OneDriveも統合したイメージ

 マイクロソフトはスマホ向けのWordとExcel、PowerPointの単体アプリも配布している。これらはOneDriveにファイルを保存する使い方が基本だった。新しいOfficeアプリも、OneDriveが統合されていると考えると分かりやすい。新しいOfficeアプリは、単体アプリをインストールしていなくても動作する。

 アプリのホーム画面で、OneDriveに保存されている最近使用したOfficeの文書ファイルを確認できる。パソコンで最近使用したファイルも表示されるので、スマホとパソコンの両方でOfficeを使う人にとっては便利だ。

 ホーム画面右上のフォルダーや虫眼鏡のメニューをタップすると、OneDriveのフォルダーを開いてファイルを検索できる。検索可能なファイルはExcelとWord、PowerPointに加えて、後述する「メモ」も含まれる。

ホーム画面で最近使ったファイルやメモを確認できる
ホーム画面で最近使ったファイルやメモを確認できる
[画像のクリックで拡大表示]
ファイルを検索しているところ
ファイルを検索しているところ
[画像のクリックで拡大表示]

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
日経電子版セット今なら2カ月無料