全1703文字
PR

 先日中国Lenovo(レノボ)のChromebook「IdeaPad Duet Chromebook」を購入した。6月に実機をメーカーから借りて本連載でレビューしたが、その後自分用に購入したのだ。このChromebookを使ってみて、僕は「AndroidタブレットはChromebookに置き換わるのではないか」と感じた。今回はその理由を述べたい。

 IdeaPad Duet Chromebookはキーボードが脱着可能な2in1タイプのChromebookである。ディスプレーサイズは、タブレットでもかなりメジャーな10.1インチだ。家電量販店の通販サイトで購入して、価格は税込み4万1780円だった。専用のキーボードが付属しての価格なので割安に感じた。

IdeaPad Duet Chromebook。専用のキーボードが付属する
IdeaPad Duet Chromebook。専用のキーボードが付属する
(撮影:アバンギャルド、以下同じ)
[画像のクリックで拡大表示]
PCとして使うときは、背面のカバーをスタンドにする
PCとして使うときは、背面のカバーをスタンドにする
[画像のクリックで拡大表示]

Androidアプリが快適に使える

 Chromebookはクラムシェル型が主流だったが、ここへ来て回転式のモデルや脱着式のタブレットタイプが目立つようになっている。その理由として大きいのは、Google Play ストアからAndroidアプリをインストールして使えるようになったことではないかと僕は考えている。なお、Chromebookの中にはAndroidアプリをインストールできない機種があるので、購入する場合は事前に確認してほしい。

Google Play ストアから多くのアプリをインストールできる
Google Play ストアから多くのアプリをインストールできる
[画像のクリックで拡大表示]

 ご存じの通り、Androidはタッチ操作が基本だ。マウスやタッチパッドでもある程度は使えるが、快適さがだいぶ違う。

 大きな画面を持ちタッチ操作で使いたいとなると選択肢はタブレットになる。だがAndroidタブレットはiPadに完敗している状態で、最近は新製品も以前ほどは出てきていないように思う。