全1676文字
PR

 アマゾンジャパンが新しいデバイス「Echo Auto」を発売した。Echo Autoは、簡単に言えばスマホにインストールした音声アシスタントの「Alexa(アレクサ)」を車で利用できるようにするデバイスである。車のオーディオと接続して、スピーカーからAlexaの声が聞こえるようにする。またマイクを内蔵しており、音声入力もできるようになっている。価格は4980円(税込み)とかなり手ごろだ。

 すでに自宅でスマートスピーカーの「Echo」などを通じてAlexaを活用している人もいるだろう。同じことが車の中でもできるわけだ。先日実機を借りて車に持ち込んで使ってみたので紹介しよう。

「Echo Auto」のパッケージ
「Echo Auto」のパッケージ
(撮影:アバンギャルド、以下同じ)
[画像のクリックで拡大表示]

本体はミントケース大でコンパクト

 Echo Autoが届いたので、早速パッケージを開けてみる。Echo Auto本体はミントケース程度の大きさだ。

 同こん物は意外と多い。車への固定ツールやシガーソケット用の電源アダプターなどが含まれているからだ。

本体はミントケース程度の大きさ
本体はミントケース程度の大きさ
[画像のクリックで拡大表示]
Echo Autoパッケージの内容
Echo Autoパッケージの内容
[画像のクリックで拡大表示]

 基本的には、付属する「Echo Autoエアベントマウント」をエアコンの吹き出し口に取りつけて使う。このマウントのクリップ部分は回転するようになっており、吹き出し口のスリットの角度に合わせて調整可能だ。

 Echo Auto本体は、マウントと磁石で固定するようになっている。電源供給は付属の「車載電源アダプタ」を利用するか、車にあればUSBポートを使う。一時的な利用なら、USB接続のモバイルバッテリーを使ってもよいだろう。

 車のオーディオと接続して、スピーカーからAlexaの声が聞こえるようにする仕組みだ。接続にはBluetoothもしくは付属の「3.5mm AUXケーブル(1m)」を使用する。

「Echo Autoエアベントマウント」はL字型だ
「Echo Autoエアベントマウント」はL字型だ
[画像のクリックで拡大表示]
エアコンの吹き出し口に取りつけるクリップは角度を調整できる
エアコンの吹き出し口に取りつけるクリップは角度を調整できる
[画像のクリックで拡大表示]
付属する車載電源アダプタ
付属する車載電源アダプタ
[画像のクリックで拡大表示]
USBポートを2つ搭載している。1つはEcho Autoへの給電に使用する。もう1つはスマホの充電などに使える
USBポートを2つ搭載している。1つはEcho Autoへの給電に使用する。もう1つはスマホの充電などに使える
[画像のクリックで拡大表示]