全3137文字
PR

 僕は近年、iPhoneの最新モデルを毎年購入している。2020年は、iPhone 12シリーズ4機種(iPhone 12 mini/iPhone 12/iPhone 12 Pro/iPhone Pro Max)の中で最もサイズが大きいiPhone 12 Pro Maxを購入した。購入後だいたい1カ月が経過したところだ。

 iPhone 12 Pro Maxを初めて見たとき、「やけに大きいな」という違和感を抱いた人が多かったのではないかと思う。僕はこれまでiPhone 11 Pro Maxを使っていたのだが、それでもiPhone 12 Pro Max初めて目にしたとき「これは大きい!」と感じた。Webページで情報を見るのと実物を目にするのとで印象はかなり違うものだ。

 ただそれでも、iPhone 12 Pro Maxを選択するにあたって迷いはなかった。なぜ僕はiPhone 12 Pro Maxを選んだのか。そして約1カ月実際に使ってみて、この機種のサイズ感はどうだったのか。カメラなどiPhone 12 Pro Maxならではのポイントも合わせて紹介していこう。

iPhone 12 Pro Max
iPhone 12 Pro Max
(撮影:アバンギャルド、以下同じ)
[画像のクリックで拡大表示]

持ちやすさはiPhone 11 Pro Maxと変わらない

 前にも書いたかもしれないが、僕はスマホのサイズは大きいほうが好ましいと思っている。フリック入力をしないこともあり片手で使わない。大きければ見やすく、キーボードも大きなほうがうれしい。そのため迷わずにiPhone 12 Pro Maxを選んだのだ。

 iPhone 12 Pro Maxの実物がとても大きく感じるのは、ディスプレーサイズによるものだ。iPhone 12 Pro Maxは6.7インチ、iPhone 11 Pro Maxは6.5インチと少し差がある。縦横比はほぼ同様なので、純粋に画面が大きくなっている。

 ところが手にしてみると、持ちやすさはiPhone 11 Pro Maxとさほど変わらないと感じた。本体サイズを比べてみよう。

  • iPhone 12 Pro Max
    160.8×78.1×7.4mm 226g
  • iPhone 11 Pro Max
    158×77.8×8.1mm 226g

 高さはiPhone 12 Pro Maxのほうが2.8mm高くなっているが、幅は0.3mmしか変わらない。逆に、厚さはiPhone 12 Pro Maxのほうが0.7mm薄い。つまり手にしたときのサイズ感は、iPhone 12 Pro Maxのほうがわずかながら小さいことが分かる。

 しかもディスプレーが大きくなったにもかかわらず、重量はまったく変わらない。見た目の迫力が大きく感じさせるが、使い勝手はほぼ変わらないのだ。

 約1カ月iPhone 12 Pro Maxを使っているが、使い勝手に関する感想は同じだ。iPhone 11 Pro Maxがオーバーサイズだとは考えていない僕にとってiPhone 12 Pro Maxもオーバーサイズではない。

 ただし唯一、大きくなった弊害と感じている点がある。ポケットに入れる際のリスクだ。iPhone 11 Pro Maxもポケットに収まりやすいサイズではないが、長くなったのでより滑り落ちる危険性が高い。特にズボンのポケットには向かない。かばんに入れて持ち歩いたほうがよいだろう。

左からiPhone 12 Pro、iPhone 11 Pro Max、iPhone 12 Pro Max
左からiPhone 12 Pro、iPhone 11 Pro Max、iPhone 12 Pro Max
[画像のクリックで拡大表示]