全1656文字
PR

 米HPのHP Spectreシリーズは、同社のコンシューマー向けノートPCにおける象徴的存在で、濃いめの本体カラーにダイヤモンドカットが輝くデザインが特徴だ。以前は派手だと感じていたが、世代を重ねて見慣れてきたためか最近は格好良いと思えてきた。

 このシリーズに2020年12月、13.5インチディスプレーを搭載する回転式2in1の新モデル「HP Spectre x360 14」が加わった。性能を考えると、かなりコストパフォーマンスが高い。今回はこのモデルを詳しくレビューしていく。

今回レビューしたHP Spectre x360 14のパフォーマンスプラスモデル【C5】
今回レビューしたHP Spectre x360 14のパフォーマンスプラスモデル【C5】
(撮影:アバンギャルド、以下同じ)
[画像のクリックで拡大表示]
デザインは少々派手だ。写真は「ポセイドンブルー」カラーで、とても良い色だと思う
デザインは少々派手だ。写真は「ポセイドンブルー」カラーで、とても良い色だと思う
[画像のクリックで拡大表示]
エッジ部分のダイヤモンドカットがとても美しい
エッジ部分のダイヤモンドカットがとても美しい
[画像のクリックで拡大表示]

縦横比3対2のディスプレーを採用

 今回レビューするのは、最上位機となる「パフォーマンスプラスモデル【C5】」である。直販価格は記事執筆時点で16万8000円(税別)となっている。

 HP Spectre x360 14の最大の注目ポイントは、ディスプレーの縦横比が3対2になったこと。一般的な16対9と比べると、インチ数の割に縦方向に長くなっているわけだ。これによって仕事に使うときの“画面の広さ感”が大きく向上している。Webブラウジングをしたり、A4用紙縦の書類を作ったりしやすい。Excelで縦に伸びる表を作るのにも向いている。一方で、映画を見る際画面の上下に無駄が出るというウイークポイントがある。

 今回レビューしたモデルは、3000×2000ドットの有機ELディスプレーを搭載している。かつ「アンチリフレクションコーティング」によって画面への映り込みを押さえている。コントラスト比の高いくっきりした感じは液晶の比ではなく、特に黒の締まりが素晴らしい。このディスプレーを搭載したモデルが税別16万円台というのは安いと思う。

ディスプレーを液晶のThinkPad X1 Carbon(左)と比べてみた。くっきりした感じが違う
ディスプレーを液晶のThinkPad X1 Carbon(左)と比べてみた。くっきりした感じが違う
[画像のクリックで拡大表示]
2in1モデルなのでテントモードで使える。ディスプレーの反射が抑えられていることもお分かりいただけると思う
2in1モデルなのでテントモードで使える。ディスプレーの反射が抑えられていることもお分かりいただけると思う
[画像のクリックで拡大表示]