全2414文字
PR

 2021年も新しいiPhoneが発売された。僕は仕事柄、毎年新モデルに買い替えているが、今シーズンはかなり迷った。iPhone 12シリーズからiPhone 13シリーズへの進化ポイントは多くなかったので、発表当初は「さすがに今回は見送ろうか」と思った。

 しかしiPhone 12 Pro Maxの買い取り価格が思ったより高そうだと分かり、さらに「譲ってほしい」という知人がいた。そのため、半ば妥協する気持ちで買い替えるに至ったのだ。

 ところが実物を手にしてみると思ったよりも良く、案外満足している。今回は、買い替えを決断した理由と満足した理由を紹介したい。

米Apple(アップル)のiPhone 13 Pro Max
米Apple(アップル)のiPhone 13 Pro Max
(撮影:アバンギャルド、以下同じ)
[画像のクリックで拡大表示]

本体の完成度は相変わらずすばらしい

 iPhone 13 Pro Maxは、背面のガラスがつや消しの曇りガラスのような外観で、ボディーのフレームはミラーのように輝く美しい仕上げになっている。僕は毎回、アップルのWebサイトに大きく載っているカラーを選んでいる。よって今回はシエラブルーを選択した。

今回はシエラブル-を購入した
今回はシエラブル-を購入した
[画像のクリックで拡大表示]
右は以前に使っていたiPhone 12 Pro Maxで、カラーはパシフィックブルー。左は購入したiPhone 13 Pro Max。シエラブルーは透明感が気に入っている
右は以前に使っていたiPhone 12 Pro Maxで、カラーはパシフィックブルー。左は購入したiPhone 13 Pro Max。シエラブルーは透明感が気に入っている
[画像のクリックで拡大表示]

 カメラの周囲の出っ張っているガラス部分も背面と一体で構成されており、そこはつや消しではない透明になっている。背面のガラスだけを見ても複雑な造形であり、つや消しとつやありの部分が入り交じっている。すてきなデザインだと感じる。

 外観はiPhone 12 Pro Maxとそれほど変わっていないが、他社のスマホを見ても、ここまで手の込んだ仕上げの製品は見受けられない。そのためか、手にするとうれしくなる。価格がそれなりに高く、生産台数が多いiPhoneだからなせる業だと想像する。

カメラ周りの造形は非常に手が込んでいる。ガラスの突起部分もすばらしい
カメラ周りの造形は非常に手が込んでいる。ガラスの突起部分もすばらしい
[画像のクリックで拡大表示]