全2810文字
PR

 米Google(グーグル)が最新スマホのGoogle Pixel 6/Google Pixel 6 Proを発売した。これまでのPixelシリーズとは一線を画する外観で、バーのようにデザインされたカメラ部分が印象的だ。見どころは盛りだくさんで、Google独自のチップを搭載し、OSは最新のAndroid 12となっている。

 価格は直販の場合、下位モデルのPixel 6は128GBが7万4800円(税込み、以下同じ)で256GBは8万5800円だ。上位モデルのPixel 6 Proは128GBが11万6600円、256GBは12万7600円となっている。ここでは直販のPixel 6 Proをレビューしていく。

Google Pixel 6 Proの正面
Google Pixel 6 Proの正面
(撮影:アバンギャルド、以下同じ)
[画像のクリックで拡大表示]
Google Pixel 6 Proの背面
Google Pixel 6 Proの背面
[画像のクリックで拡大表示]

デザインが大幅に変更された

 Pixel 6 Proのボディーはガラスの光沢を生かした仕上げになっている。カラーはCloudy White、Sorta Sunny、Stormy Blackの3色が用意されている。

 今回レビューしたStormy Blackは、3色のなかでいちばん地味なカラーだと言える。写真ではわかりにくいのだが、背面のカメラより下が濃いグレー、上はやや薄いグレーだ。個人的にはPixel 5のつや消しで紙のような質感のボディーがとても好みだったのだが、Pixel 6 Proではつや消しの仕上げは本体上部だけに残っている。

本体上部のみ、つや消しの仕上げになっている
本体上部のみ、つや消しの仕上げになっている
[画像のクリックで拡大表示]

 横長でバーの形状をした斬新なデザインのカメラは好みが分かれそうだが、個人的には良い印象を持っている。四角形のカメラが本体の左右どちらかに付いていると、テーブルの上に置いたときに傾いてしまうが、バーの形状であれば左右に傾くことはない。カメラ部分の突起は大きめだ。

Pixel 6 Proのカメラ部分の突起
Pixel 6 Proのカメラ部分の突起
[画像のクリックで拡大表示]

 SIMは2つ使えるようになっており、うち1つはeSIMである。今後、海外旅行などでeSIMを使う機会が増えるのではないだろうか。また、おサイフケータイも搭載している。イヤホン端子はないので、有線のイヤホンを使ってきた人は注意が必要だ。

Pixel 6 Proの底面。イヤホン端子は搭載していない
Pixel 6 Proの底面。イヤホン端子は搭載していない
[画像のクリックで拡大表示]