全1862文字
PR

 中国Anker(アンカー)は、ご存じのように頻繁に新製品を投入する、とても勢いのあるメーカーだ。充電器やモバイルバッテリーは、年に1回程度の頻度で新しい技術を盛り込んだ製品に切り替えている。2022年7月には「GaNPrime」という新しい技術を盛り込んだ製品群を発表した。

 GaN(窒化ガリウム)は充電器などの電力系によく使われる半導体だ。充電器の半導体がSi(シリコン)からGaNに切り替わったことで、小型化が大きく進展した。Ankerも2018年にGaNの採用を発表し、2021年5月に「Anker GaN II」を発表。GaNPrimeはそれに続く新しい技術というわけだ。なお独自の充電システムも最新の「Power IQ 4.0」に向上させたという。

 そこで今回はGaNPrimeを採用した充電器をレビューする。なお140Wに対応するケーブルも同時にリリースされたので紹介する。

GaNPrimeを採用する「Anker 735 Charger」と「Anker 737 Charger」。前者が65W、後者が120Wに対応する。
GaNPrimeを採用する「Anker 735 Charger」と「Anker 737 Charger」。前者が65W、後者が120Wに対応する。
(撮影:アバンギャルド)
[画像のクリックで拡大表示]

サイズより効率重視のAnker 735 Charger

 最初に「Anker 735 Charger」を紹介しよう。同社の公式サイトにおける価格は7990円(税込み)。GaNPrimeにより充電器がさらに小型化すると思っていたが、この製品は前モデル「Anker PowerPort III 3-Port 65W Pod」(6990円、同)とあまり変わらない。

新旧製品のサイズ比較
名称外形寸法重量
Anker 735 Charger66×38×29mm132g
Anker PowerPort III 3-Port 65W Pod66×38×29mm130g

 ポートの構成も同じで、重量がわずかに異なるだけ。外観のプリントやデザインを変えただけなのではと勘違いしそうだ。しかしGaNPrimeとPower IQ 4.0の採用により、充電の効率が大きく異なる。

 PowerPort III 3-Port 65W Podの場合、65Wで充電できるのは1ポート使用時のみ。2ポート利用時には使い方にもよるが45W+20Wなどとなる。

 一方735 Chargerは、2ポートや3ポートの利用時でも出力が「最大65W」と表記されている。Ankerによると合計65Wを複数ポートへ最適に配分して充電するという。例えばスマホとパソコンを充電している際に、スマホの充電が終わると自動的に65Wすべてをパソコンに振り向けるようになるとみられる(状況に応じて出力は変化すると思われる)。従来は複数ポートに接続している状態だと45Wが最大だったので、大きく違う。効率よく分配するので、複数機器をより早く充電できるようになるという。

黒地に黒い文字で目立たないが、735 Chargerには「GaNPrime」のロゴが入る。
黒地に黒い文字で目立たないが、735 Chargerには「GaNPrime」のロゴが入る。
(撮影:アバンギャルド)
[画像のクリックで拡大表示]
プラグは折り畳み式だ。
プラグは折り畳み式だ。
(撮影:アバンギャルド)
[画像のクリックで拡大表示]
USB Type-Cポート2基とType-Aポートが1基。ポートの数や構成は旧機種と変わらない。
USB Type-Cポート2基とType-Aポートが1基。ポートの数や構成は旧機種と変わらない。
(撮影:アバンギャルド)
[画像のクリックで拡大表示]
旧機種(左)と見た目はそっくりだ。両者を並べるとフロントのシルバー部分の構造が少々違うことが分かる。
旧機種(左)と見た目はそっくりだ。両者を並べるとフロントのシルバー部分の構造が少々違うことが分かる。
(撮影:アバンギャルド)
[画像のクリックで拡大表示]
キッチンスケールで測定したところ、735 Chargerはカタログ値の132gよりもかなり軽い125gだった。ちなみに同じ条件で旧機種は131gだった。
キッチンスケールで測定したところ、735 Chargerはカタログ値の132gよりもかなり軽い125gだった。ちなみに同じ条件で旧機種は131gだった。
(撮影:アバンギャルド)
[画像のクリックで拡大表示]