全2044文字
PR

 今回は日本HPの2in1型のノートパソコン「HP Spectre x360 14-ef」を取り上げる。のっけから余談で恐縮だが、HPのパソコンはどうにも型番が分かりにくい。機種のバリエーションが多いだけに、もう少し分かりやすくしてほしいと感じる。

 HP Spectre x360 14-efは、名前に「x360」と付いている。これはHPのネーミングルールで、ディスプレーがくるりと360度回転するモデルであることを示している。ディスプレーサイズは13.5インチ。型番が「14」なのに、ディスプレーサイズが13.5インチなのも少々分かりにくい点の1つだ。

 最近はあまり話題にならないが、HPは回転式の2in1モデルにかなり力を入れていて、ラインアップが充実している。通常のクラムシェルとして使うだけでなく、タブレットスタイルで利用したり、L字の部分を通常とは逆にして画面を近づけて動画を視聴したりするなど、回転ディスプレーらしい使いこなしができる。

日本HPの「HP Spectre x360 14-ef」。回転式の2in1モデルだ。
日本HPの「HP Spectre x360 14-ef」。回転式の2in1モデルだ。
(写真:アバンギャルド)
[画像のクリックで拡大表示]
ディスプレーを回転させて逆L字型にすれば、動画を視聴しやすい。
ディスプレーを回転させて逆L字型にすれば、動画を視聴しやすい。
(写真:アバンギャルド)
[画像のクリックで拡大表示]
ダブルヒンジ構造を採用している。これでディスプレーを回転させている。
ダブルヒンジ構造を採用している。これでディスプレーを回転させている。
(写真:アバンギャルド)
[画像のクリックで拡大表示]