PR

VIPに特別な通知を設定しておこう

 VIPメールボックスと使うと重要なメールを漏らさず確認できるため見逃し防止に役に立つ。さらに受信にも気づきやすいようにしておこう。これにはVIPの通知を利用する。

 「設定」→「通知」→「メール」とタップして表示された画面を見ると、各アカウントの通知設定のほかに、VIPに異なる通知を設定できることがわかるだろう。「VIP」の設定はほかの通知設定よりも優先されるため、受信するアカウントが通知しない設定になっていても、VIPの通知設定が反映される。

 VIPの通知をわかりやすく設定するのはもちろんだが、通知が不要なアカウントは通知をオフにしておくと、より大事なメールに気づきやすい。

「設定」→「通知」→「メール」とタップして表示された画面で「VIP」に自分が気づきやすい通知の設定をしておこう
「設定」→「通知」→「メール」とタップして表示された画面で「VIP」に自分が気づきやすい通知の設定をしておこう
[画像のクリックで拡大表示]

 ここで「VIP」の設定項目を確認しておこう。

 まず「サウンド」。これはメールを受信したときに鳴る音だ。デフォルトのままだと区別しにくいので印象的な音に変更しておくとよいだろう。サイレントモードにしていることが多く音では区別できない場合は、「サウンド」の選択画面から「バイブレーション」の設定も変更しておくとよい。

 次に「Appアイコンにバッジを表示」。これはホーム画面で「メール」アプリアイコン上に表示される未読の数だ。VIPをオンにするのは必須だが、むしろ不要なアカウントでオフにしておく方が重要だろう。

 「ロック画面に表示」も不要なアカウントではオフにしておくと、重要なメールが埋もれにくい。

 「履歴に表示」の「履歴」とはiPhoneの画面を上から下にスワイプしたときに表示される画面のことだ。iPhone Xではノッチ(切り欠き)の部分またはその左側を下向きにスワイプすると表示される。「ロック画面に表示」と組み合わせてメールの重要度で設定するとよいだろう。例えばロック画面に表示するほど重要ではなく、履歴を見て受信したことがわかればよいメールもあるはずだ。

 「バナーとして表示」はメールを受信すると直ちにバナーを画面に表示する機能。「一時的」と「持続的」を選択できる。自分の使い勝手に合わせて設定しておくとよいだろう。個人的には、ロック画面や履歴で確認できればよいと考えているので、オフまたは「一時的」に設定している。

 余談だが、音だけなって画面に何も表示されない場合、「サウンド」だけがオンになっており、ほかの通知設定項目がオフになっていることが多い。

 業務の連絡などにもチャットが利用されることが増え、居場所に関係なく迅速にやり取りして用件を済ませることができるようになった。そのせいか、筆者の身の回りではメールの見逃しが増えているように感じる。実はこの1カ月で2回ほどそのようなことが起こった。そこで今回改めてメールの見逃し防止策を確認した次第だ。パソコンを使っているときでも、iPhoneの通知で重要なメールをすぐに確認できるようになったのはうれしい。

VIPの通知設定の項目を気がつきやすいものにしておくのはもちろんだが、あまり重要ではないメールは通知しない、または目立たせない設定がお勧めだ
VIPの通知設定の項目を気がつきやすいものにしておくのはもちろんだが、あまり重要ではないメールは通知しない、または目立たせない設定がお勧めだ
[画像のクリックで拡大表示]