PR
全2269文字

第3の方法:「iPhoneを探す」を使う裏技

 最後に紹介するのはiCloudの「iPhoneを探す」にある「iPhoneを消去」機能を使って初期化する方法だ。iPhoneやiPadの「iPhoneを探す」アプリからでも実行できるので、パソコンを持っていない場合や他人のパソコンにiPhoneを接続したくない場合に試してみるとよいだろう。

 「iPhoneを探す」の「iPhoneを消去」は本来、紛失したiPhoneが不正利用される前にデータを消去するための機能だ。ネットワークや位置情報サービスの状況によっては、認識されるまでに時間がかかり実用的ではない場合もある。初期化できれば、再起動後にパスコードを再設定可能となる。

初期化したいiPhoneのApple IDでサインインし「iPhoneを消去」を実行しよう。初期化後にパスコードを再設定できるようになる(赤い枠は筆者が付けた)
初期化したいiPhoneのApple IDでサインインし「iPhoneを消去」を実行しよう。初期化後にパスコードを再設定できるようになる(赤い枠は筆者が付けた)
[画像のクリックで拡大表示]

 以上、iPhoneを初期化しパスコードを再設定する方法を3つ紹介した。パスコード忘れでよく筆者が相談を受けるのは、iOSのアップデートがリリースされたタイミングだ。アップデート時に必ずiPhoneが再起動し、パスコードの入力を求められるからだと思われる。

 もし初期化することになっても、バックアップを取っておけばパスコードを再設定する手間がかかるだけで被害は無い。アップデート実施前にパソコンまたはiCloudにバックアップを取るようにしよう。