全3054文字
PR

 最近は街中にWi-Fiの電波が飛び交っている。iPhoneのWi-Fi設定画面を表示すると、画面に収まらないほどたくさんのアクセスポイントが表示されることも日常茶飯事だ。インターネット接続のためにWi-Fiを導入する一般家庭も増えているので、住宅地を歩いていても多くのアクセスポイントが表示されるかもしれない。

(写真:伊藤朝輝、以下同じ)
(写真:伊藤朝輝、以下同じ)
[画像のクリックで拡大表示]

 そのせいで、iPhoneにWi-Fiへの接続ダイアログが頻繁に表示されたり、iPhoneが勝手に公衆Wi-Fiの電波に接続したりと困ることが増えてきた。

 今回はiPhoneで公衆Wi-Fiや見知らぬWi-Fiの電波とうまく付き合っていく方法を紹介しよう。

Wi-Fi接続ダイアログを表示させない設定

 まずはiPhoneのWi-Fi接続全般に関わる設定を確認しておこう。

 iPhoneは、一度接続したWi-Fiネットワークとパスワードを記憶して、次回からは自動的に接続する。一度も接続したことのないWi-Fiが周囲にある場合は、次のようなダイアログが表示される。

Wi-Fiに接続していないときに、周囲にあるWi-Fiを選択するためのダイアログが表示される
Wi-Fiに接続していないときに、周囲にあるWi-Fiを選択するためのダイアログが表示される
[画像のクリックで拡大表示]

 接続できそうなWi-Fiがあることを知らせてくれるのはありがたいのだが、基本的にパスワードを知らなければ接続できないのが当たり前だし、見知らぬWi-Fiに接続するのは問題だ。そのため、大抵のユーザーにとって「ワイヤレスネットワークを選択」ダイアログは迷惑なのではないだろうか。

 このダイアログを表示したくない場合は、Wi-Fiの設定画面で次のように操作する。

 まず「設定」→「Wi-Fi」とタップするとWi-Fiの設定画面が表示される。そこで「接続を確認」をオフにする。これで上記のダイアログは表示されなくなる。

 この設定をオフにしても、一度接続したWi-Fiに自動的に接続できることは変わらないので、外出先から職場や自宅に戻ったときなどには、意識せずにWi-Fiに切り替わる。

「Wi-Fi」画面で「接続を確認」をオフにすると、周囲に接続可能なWi-Fiがあることを知らせるダイアログが表示されなくなる(赤い枠は筆者が付けた)
「Wi-Fi」画面で「接続を確認」をオフにすると、周囲に接続可能なWi-Fiがあることを知らせるダイアログが表示されなくなる(赤い枠は筆者が付けた)
[画像のクリックで拡大表示]

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
日経電子版セット今なら2カ月無料