PR

 米アップル(Apple)から新製品が続々と発売される季節が2019年もやってきた。iPhoneの新モデルも登場するとみられ、このタイミングで機種変更を計画している人も多いのではないだろうか。

 今回は新しいiPhoneを手に入れた後、スムーズにデータを移行できるようにやっておくべきこと、注意すべきことを確認しておこう。

(写真:伊藤朝輝、以下同じ)
(写真:伊藤朝輝、以下同じ)
[画像のクリックで拡大表示]

iOSのバージョンを確認しておく

 旧iOS端末から新iOS端末にデータを移行するには、標準のバックアップ機能と復元機能を使うと確実だ。iOS 12.4以降では2台のiOS端末間で直接データを転送して移行する方法が追加されているが、今回はこれまでの標準的なやり方として、バックアップと復元による方法を紹介する。

 バックアップする端末と復元する端末はiOSのバージョンが同じであるのが望ましい。バージョンの古いほうから新しいほうに移行できる場合がほとんどだが、逆はできない。旧バージョンのiOSを使う積極的な理由がない限りは、最新バージョンで合わせておくのが適切だ。

 バージョンは「設定」→「一般」→「情報」とタップして表示される画面で、「ソフトウェアバージョン」と書かれた項目で確認しよう。

使用しているiOSのバージョンは「設定」→「一般」→「情報」とタップして表示された画面の「ソフトウェアバージョン」で確認できる(赤い枠は筆者が付けた)
使用しているiOSのバージョンは「設定」→「一般」→「情報」とタップして表示された画面の「ソフトウェアバージョン」で確認できる(赤い枠は筆者が付けた)
[画像のクリックで拡大表示]

 アップデートの有無については、「設定」→「一般」→「ソフトウェア・アップデート」とタップすると確認できる。最新アップデートがある場合は、そのバージョンや「ダウンロードとインストール」などのアップデート画面が表示される。アップデートがない場合は、画面に「お使いのソフトウェアは最新です」と表示される。

 現在使っている端末のiOSが最新でない場合は、上記のアップデート画面の指示に従うとアップデート可能だ。

 アップデート後の初回起動時はTouch IDによる指紋認証やFace IDによる顔認証が使えず、パスコードでのロック解除になるので、パスコードを忘れていないことを確認してからアップデートするようにしてほしい。

現在使っているiOSが最新バージョンではない場合は「設定」→「一般」→「ソフトウェア・アップデート」とタップして表示される画面に最新アップデートが表示されるので画面に従ってアップデートしよう
現在使っているiOSが最新バージョンではない場合は「設定」→「一般」→「ソフトウェア・アップデート」とタップして表示される画面に最新アップデートが表示されるので画面に従ってアップデートしよう
[画像のクリックで拡大表示]

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
日経電子版セット今なら2カ月無料