PR
全2151文字
(写真:伊藤 朝輝、以下同じ)
(写真:伊藤 朝輝、以下同じ)
[画像のクリックで拡大表示]

 iPhoneの登場当時から標準で搭載されている「メール」アプリ。複数のメールアカウントが登録でき、パソコンと同じメールを受信できるため、モバイル環境でのメールチェックに役立てている人も多いのではないだろうか。

 ここでは受信した重要なメールを見逃さないために使える機能をピックアップして紹介しよう。

処理が1画面にまとまって分かりやすく

 iOS 13の標準「メール」アプリは、ユーザーインターフェースが見直されて使い勝手がかなりよくなった。まずはその変更点をおさらいしておこう。

 受信したメールへの返信や削除など、以前なら処理によって異なるアイコンをタップして実行しなければならなかった。だがiOS 13のメールアプリは、メールに対する全ての処理を1画面から実行できるようになった。

 まず受信したメールを開いた状態で、画面の右下にある左向きの矢印アイコンをタップしよう。

メールの本文を表示した状態で、画面右下にある矢印をタップする。矢印のアイコンからは返信メールを作成する機能しかないように思える。だが、実はそれだけではない
メールの本文を表示した状態で、画面右下にある矢印をタップする。矢印のアイコンからは返信メールを作成する機能しかないように思える。だが、実はそれだけではない
[画像のクリックで拡大表示]

 すると画面の下からシートがせり上がってくる。よく使うと思われる「返信」「全員に返信」「転送」「ゴミ箱」は大きめのボタンでシートの上部に表示されている。以下、何度か登場するので、このシートについてこの記事では「操作シート」と呼ぶ。

 ビジネスメールでは特に「返信」と「全員に返信」を使い分ける場面が多いのではないだろうか。どちらかをしっかり選んで処理できるようになったのはうれしい配慮と言える。

 また、操作シートを上にスライドすると、さらに下に続きがあると分かる。全て現在開いているメールに対して行える処理だ。ほとんどは以前からメールアプリに搭載されていた機能だが、以前はあちこちに散らばっていたため、使われることがなかった機能に対してもアクセスしやすくなった。

表示中のメールに対してできる処理が1画面にまとまって表示される。よく使う「返信」「全員に返信」などは上部に大きく表示され選択しやすい。上にスライドすると他の機能も現れる
表示中のメールに対してできる処理が1画面にまとまって表示される。よく使う「返信」「全員に返信」などは上部に大きく表示され選択しやすい。上にスライドすると他の機能も現れる
[画像のクリックで拡大表示]

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
有料会員と登録会員の違い