全3245文字
PR
セミナー
コロナで炎上、それ本当?~計算社会科学でSNSデマを解き明かす! 6/3 18時
(写真:伊藤朝輝、以下同じ)
(写真:伊藤朝輝、以下同じ)
[画像のクリックで拡大表示]

 2020年3月25日にアップデートされたiPad用のOS「iPadOS 13.4」は、より洗練された形でBluetooth対応のマウスやトラックパッド(タッチパッド)をサポートしている。

 筆者は以前からiPadにキーボードを接続してモバイルの作業などに利用しており、今回のアップデートで普段の作業がどのぐらい便利になるのかを検証してみた。

マウスやトラックパッドをiPadに接続するには

 今回紹介するトラックパッドでの操作は残念ながらiPhoneではサポートされておらず、iPadのみの対応となる。

 Bluetooth対応のマウスやトラックパッドを利用するには、iPadOS 13.4にアップデートする必要がある。iPadOS 13.4がサポートする機種は、iPad Proの全モデル、iPad Air 2以降、iPadの第5世代以降、iPad mini 4以降である。比較的古いモデルもiPadOS 13.4に対応している点がうれしいところだ。

 ここではMac用のポインティングデバイスとして販売されている米アップル(Apple)のトラックパッド「Magic Trackpad 2」を例に見ていこう。Magic Trackpad 2は外付けのトラックパッドで、最も人気のあるMacでノート型の「MacBook」シリーズに採用されているトラックパッドと同じ操作性をデスクトップ型で実現する。

 Magic Trackpad 2や同じくアップル製のBluetooth対応マウス「Magic Mouse 2」は、他の端末とペアリングされていない状態で電源を入れるとiPadとペアリングモードになる。iPadで「設定」→「Bluetooth」とタップすると、それらが画面に表示される。表示された名前をタップするとペアリングが完了する。

他の端末とペアリングされていない「Magic Trackpad 2」をiPadの近くで電源を入れると、「設定」→「Bluetooth」とタップして表示される画面に、Magic Trackpad 2の名称が表示される。タップするとペアリングできる(赤枠は筆者が付けた)
他の端末とペアリングされていない「Magic Trackpad 2」をiPadの近くで電源を入れると、「設定」→「Bluetooth」とタップして表示される画面に、Magic Trackpad 2の名称が表示される。タップするとペアリングできる(赤枠は筆者が付けた)
[画像のクリックで拡大表示]

 これでほぼ問題なく使えるようになるのだが、「設定」→「一般」→「トラックパッド」とタップして表示された画面で、ポインターの動く速さやスクロールの向きなど、大まかなカスタマイズができる。

「設定」→「一般」→「トラックパッド」とタップして表示される画面で操作をカスタマイズできる。カスタマイズ項目は少ない
「設定」→「一般」→「トラックパッド」とタップして表示される画面で操作をカスタマイズできる。カスタマイズ項目は少ない
[画像のクリックで拡大表示]

 これに対しMacではMagic Trackpad 2の設定画面に対応するジェスチャーが表示されており、それぞれに必要な指の本数や指を動かす方向などを細かくカスタマイズできる。

 Macの場合、この画面を見ているだけでトラックパッドの操作が一通り理解できるのだが、iPadの場合はそういうわけにはいかない。全てのジェスチャーが設定画面に表示されないからだ。iPadにも3本指を使ったジェスチャーなどが存在するのだが、それらはカスタマイズできないため、設定画面に表示されていない。

 以降は、筆者がMacでトラックパッドを使ってきた経験なども含めて、覚えておくと便利なジェスチャーを紹介する。

MacにMagic Trackpad 2を接続したときに表示される設定画面。これらのジェスチャーをiPadでも使いたいところ
MacにMagic Trackpad 2を接続したときに表示される設定画面。これらのジェスチャーをiPadでも使いたいところ
[画像のクリックで拡大表示]