全2159文字
PR
(写真:伊藤朝輝、以下同じ)
(写真:伊藤朝輝、以下同じ)
[画像のクリックで拡大表示]

 毎年秋の登場が恒例になっている「iOS」のメジャーアップデート。2020年は「iOS 14」となる。正式リリースはまだ先だが、「Apple Beta Software Program」というプログラムに登録すれば、現時点のパブリックベータ版を自分の端末にインストールして試すことができる。

 iOS 14の新機能のうち、目玉になりそうな新しいホーム画面について紹介しよう。

アプリを自動的に整理する「Appライブラリ」

 筆者が試したバージョンは「iOS 14 Public Beta 7」。これまでの経験では、Beta 7までくるとかなり正式版に近くなり動作も安定してくるのだが、それでも正式版とは異なる可能性がある点に注意してほしい。

今回、「Apple Beta Software Program」を利用して筆者が試したのは「iOS 14 Public Beta 7」
今回、「Apple Beta Software Program」を利用して筆者が試したのは「iOS 14 Public Beta 7」
[画像のクリックで拡大表示]

 2020年6月に米Apple(アップル)が開催した開発者向けイベント「WWDC 2020(WWDC20)」で、iOS 14に盛り込まれる予定の機能が紹介された。中でもiPhoneの使い勝手が大きく変わるだろうと筆者が期待していたのが、ホーム画面に対して追加される幾つかの機能だ。

 初めに紹介するのは、iPhoneにインストールした多くのアプリを自動的に分類して見つけやすくする「Appライブラリ」と呼ばれる機能。

 Appライブラリは、ホーム画面を左にスワイプして最後のページが表示されたところで、さらに左にスワイプすると1枚のページの形で表示される。

「Appライブラリ」はホーム画面の最終ページをさらに左にスワイプすると表示される。iPhoneにインストールされたアプリがカテゴリー別に自動的に仕分けされている
「Appライブラリ」はホーム画面の最終ページをさらに左にスワイプすると表示される。iPhoneにインストールされたアプリがカテゴリー別に自動的に仕分けされている
[画像のクリックで拡大表示]
グループ表示されている画面を下にスワイプすると、アプリ名順のリスト表示に変わるので、アプリをこれまでよりも探しやすくなった
グループ表示されている画面を下にスワイプすると、アプリ名順のリスト表示に変わるので、アプリをこれまでよりも探しやすくなった
[画像のクリックで拡大表示]

 Appライブラリは、iPhoneにインストールされたすべてのアプリをカテゴリー別にグループ化して表示する。また、ユーザーが使うであろうアプリを予想して表示する「提案」や、最近インストールしたアプリをピックアップする「最近追加した項目」というグループも用意されている。

 ユーザーがAppライブラリのグループの仕分けをカスタマイズしたり、グループの表示順を変更したりすることはできない。やはり、ユーザー自身が用途や業務に応じて自由に並べられる通常のページは必要だ。

 これまでのように通常のページを使ってアプリを整理し、インストールした直後のアプリや整理していないアプリなどを探して起動する際にAppライブラリを使うとよいのではないだろうか。

 ちなみにページを高速に移動する際に便利なインターフェースもiOS 14で新たに追加されている。ホーム画面下部に表示されている複数のページがあることを示す横並びのドットを長押しし、そのまま左右にスライドするとページをめくることができる。

 ドット部分を一気に右にスライドすると、素早くホーム画面の最終ページを表示できるので、そこから左に1回スワイプすればAppライブラリが表示できる。ホーム画面に多くのページを使っている場合は、この方法を覚えておくと便利だ。

ホーム画面の下部に並ぶ白いドットを長押しし、そのまま指を離さず左右にスライドすると、ホーム画面のページを高速に移動できるようになった(赤い枠は筆者が付けた)
ホーム画面の下部に並ぶ白いドットを長押しし、そのまま指を離さず左右にスライドすると、ホーム画面のページを高速に移動できるようになった(赤い枠は筆者が付けた)
[画像のクリックで拡大表示]