全2730文字
PR
(写真:伊藤朝輝、以下同じ)
(写真:伊藤朝輝、以下同じ)
[画像のクリックで拡大表示]

 2020年9月17日にiPhone向けOSの最新版「iOS 14」がリリースされた。アップデートしても基本的にはこれまでと同じように使えるのが米Apple(アップル)製端末の特徴だが、意識的に設定などを変更すると使い方が大きく変わる機能もある。

 今回はそうした新機能の中から、iPhoneなどがより便利に使えるようになる5つの機能を紹介しよう。

デフォルトのWebブラウザーとメーラーが変更可能に

 iPhoneではサードパーティー製の様々なWebブラウザーやメーラーが利用できるが、デフォルトのアプリとしてはそれぞれアップル製の「Safari」「メール」に固定されていた。

 そのためWebブラウザーの場合、メモやメールアプリなどのリンクをクリックすると、必ずSafariが起動していた。iOS 14では標準アプリとして、自分がメインで使っているサードパーティー製アプリに変更できるようになった。

 方法は「設定」画面の下方に表示されているサードパーティー製アプリのリストからデフォルトに指定したいWebブラウザーを探してタップ。表示された画面の「デフォルトのブラウザApp」をタップしよう。iPhoneに現在インストールされているWebブラウザーが表示されるので、デフォルトにしたいアプリを選択する。

iOS 14では、サードパーティー製のWebブラウザーおよびメーラーをデフォルトのアプリに指定できるようになった。「設定」→「(デフォルトにしたいアプリ)」とタップすると、このような画面になるので「デフォルトのブラウザApp」をタップして変更しよう
iOS 14では、サードパーティー製のWebブラウザーおよびメーラーをデフォルトのアプリに指定できるようになった。「設定」→「(デフォルトにしたいアプリ)」とタップすると、このような画面になるので「デフォルトのブラウザApp」をタップして変更しよう
[画像のクリックで拡大表示]
iPhoneにインストールされているWebブラウザーが表示されるのでデフォルトにしたいアプリを選択
iPhoneにインストールされているWebブラウザーが表示されるのでデフォルトにしたいアプリを選択
[画像のクリックで拡大表示]

 Safariに戻す場合は、上と同じ手順で「設定」→「Safari」→「デフォルトのブラウザapp」とタップして表示された画面で指定し直す。