全2948文字
PR
(写真:伊藤朝輝、以下同じ)
(写真:伊藤朝輝、以下同じ)
[画像のクリックで拡大表示]

 2020年9月17日にリリースされたiPhoneの新OS「iOS 14」はもうお使いだろうか。前回はホーム画面に配置できる「ウィジェット」機能やデフォルトのWebブラウザーをサードパーティー製に設定するなど、代表的な新機能を紹介した。今回は新機能の中でもあまり目立たないが、iPhoneをより便利に安全に使える“裏技”的な新機能を5つ紹介しよう。

「背面タップ」で複雑な操作を簡単に

 iOS 14ではiPhone本体背面のタップを認識し、様々な操作を簡単に実行できる「背面タップ」機能が追加された。ダブルタップとトリプルタップにあらかじめ用意された操作を割り当てられる。

 設定するには「設定」→「アクセシビリティ」→「タッチ」→「背面タップ」をタップしよう。画面に表示された「ダブルタップ」「トリプルタップ」をそれぞれタップして、用意された操作を割り当てればよい。

 筆者はダブルタップに「シェイク」を割り当てた。シェイクはiPhoneを振る操作だ。筆者は入力したテキストを取り消す際によく使う。シェイクする場合はiPhoneをしっかり握って少し強めに振らなければならない。背面タップを利用すると、背面を指で「トントン」と軽く叩くだけで済むのでずいぶん楽になった。トリプルタップに関しては、とりあえず「通知センター」を割り当てているが試行錯誤中である。

 背面タップの醍醐味は、通常では難しい操作を簡単に実行できる点。ユーザーがいくつかの処理を組み合わせて自動化する「ショートカット」と呼ばれる機能を呼び出せるので、カスタマイズの世界がさらに広がる。

「設定」→「アクセシビリティ」→「タッチ」→「背面タップ」とタップして表示された画面で、「ダブルタップ」「トリプルタップ」に操作を割り当てられる。図は「ダブルタップ」に「シェイク」を割り当てたところ
「設定」→「アクセシビリティ」→「タッチ」→「背面タップ」とタップして表示された画面で、「ダブルタップ」「トリプルタップ」に操作を割り当てられる。図は「ダブルタップ」に「シェイク」を割り当てたところ
[画像のクリックで拡大表示]
iPhoneを振る「シェイク」でテキスト入力操作の取り消しができる。筆者はこれをダブルタップに割り当てて使っている
iPhoneを振る「シェイク」でテキスト入力操作の取り消しができる。筆者はこれをダブルタップに割り当てて使っている
[画像のクリックで拡大表示]

「ボイスメモ」でノイズを消して声を聞き取りやすくする

 思いついたことを素早く声で記録したり、会議を録音したりする際に標準アプリの「ボイスメモ」が便利だ。録音自体の音質が良く、iPhoneに搭載された複数のマイクが声をうまく拾ってくれるため、専用のボイスレコーダーを使わずに済む場合が多い。

 iOS 14ではボイスレコーダーに「音質改善」機能が追加された。録音後の音声に適用することでエアコンの音、パソコンの冷却ファンの音といったバックグラウンドノイズや残響音を抑え、メインの声を聞き取りやすくする。

 やり方は、音声の一覧画面で音質改善を適用したい録音をタップ。再生コントロールの左側にある「…」をタップしよう。続いて表示される画面で「録音を編集」をタップ。録音した音声が波形で表示されるので、波形の左上にある魔法の杖のようなアイコンをタップしよう。

 これで音質改善が適用される。元の音声は変更されておらず、再度タップすると音質改善を解除できる。実際の音を聞きながら、聞き取りやすいほうに適宜変更しながら使うのがお勧めだ。

標準アプリの「ボイスメモ」で録音した音声の左下にある「…」をタップし、表示された画面で「録音を編集」をタップする(赤い枠は筆者が付けた)
標準アプリの「ボイスメモ」で録音した音声の左下にある「…」をタップし、表示された画面で「録音を編集」をタップする(赤い枠は筆者が付けた)
[画像のクリックで拡大表示]
編集画面の左上にある魔法の杖のようなアイコンをタップ。これによってバックグラウンドノイズや残響音が抑えられて、メインの声が聞き取りやすくなる(赤い枠は筆者が付けた)
編集画面の左上にある魔法の杖のようなアイコンをタップ。これによってバックグラウンドノイズや残響音が抑えられて、メインの声が聞き取りやすくなる(赤い枠は筆者が付けた)
[画像のクリックで拡大表示]