全2344文字
PR

ウィジェットをホーム画面に配置する方法

 まずはiOS 14で登場したウィジェットの配置の仕方を紹介する。

 ホーム画面を長押して編集画面にし、画面左上の「+」をタップ。選択画面が表示されるので、使いたいウィジェットを長押しし、ホーム画面の好きな場所にドラッグして指を離せばよい。

 選択画面でウィジェットをタップすると、異なるサイズやフォーマットが提供されている場合があるので、配置する前に確認するのがお勧めだ。

ホーム画面を長押しすると編集画面になる。ウィジェットを配置する場合は左上の「+」をタップする
ホーム画面を長押しすると編集画面になる。ウィジェットを配置する場合は左上の「+」をタップする
[画像のクリックで拡大表示]
ウィジェットの選択画面が表示されるので、配置したいウィジェットを長押ししホーム画面へドラッグ&ドロップする
ウィジェットの選択画面が表示されるので、配置したいウィジェットを長押ししホーム画面へドラッグ&ドロップする
[画像のクリックで拡大表示]
選択画面でウィジェットをタップすると、異なるサイズ、フォーマットのウィジェットが用意されている場合がある。これを配置する場合は「ウィジェットを追加」をタップする
選択画面でウィジェットをタップすると、異なるサイズ、フォーマットのウィジェットが用意されている場合がある。これを配置する場合は「ウィジェットを追加」をタップする
[画像のクリックで拡大表示]

 ある程度は自由な位置に配置できるのだが、アプリのアイコンと同様に画面の左上から詰めていく形になるため、アプリとの隙間を空けて画面下部にウィジェットを配置するようなことはできない。

 筆者はホーム画面を利用シーンでページ分けし、「1日を通して必要な情報」「仕事時」「写真用」「運動時」といった形でウィジェットをまとめている。

 同じウィジェットを複数配置できるので、スケジュールの分かるウィジェットを「1日を通して必要な情報」「仕事時」の両方に配置するといった使い方も可能だ。