全1971文字
(写真:伊藤朝輝、以下同じ)
(写真:伊藤朝輝、以下同じ)
[画像のクリックで拡大表示]

 「ミー文字」は目・鼻・口などの顔のパーツ、髪形、アクセサリーなどを細かく設定し自分の分身のようなキャラクターを作成する機能だ。顔認証の「Face ID」を搭載する端末では顔の動きをトラッキングしてミー文字に表情をリアルタイムで付けることもできる。「アバター」作成機能のようなものと言えば分かりやすいかもしれない。

 今回はiOS 15で追加されたミー文字のバリエーションと、ミー文字をステッカーとして一般的なSNSなどで使う際に便利な機能、Macユーザーが使える隠し機能を紹介しよう。

「ステッカー」でミー文字を“LINEスタンプ化”

 ミー文字は米Apple(アップル)の無料ビデオ通話「FaceTime」で使われている映像をよく見かけるので、FaceTime専用かと思われるかもしれないが、実はFaceTime以外でも利用可能な機能がある。例えば、「ミー文字のステッカー」(以下、ミー文字ステッカー)は気分を表現したり、簡単なメッセージを送ったりする際に使うLINEのスタンプのように使える。まずはミー文字ステッカーの作り方を紹介しよう。

 ミー文字ステッカーは「メッセージ」アプリで作成する。メッセージ入力時にスクリーンキーボード上に現れる「ステッカー」ボタンをタップしよう。すでにミー文字を作成してあれば、スクリーンキーボード上にミー文字ステッカーが表示される。

 ミー文字ステッカーはミー文字を基に作成されるので、ミー文字をまだ作っていない場合は先に作成する必要がある。スクリーンキーボード左上の「…」をタップして表示された画面で「新しいミー文字」をタップして作成しよう。

 すでにミー文字を作成済みの場合は自動的にミー文字ステッカーが作成されているはず。さらにアバターが着ている洋服を変更したり、iOS 15で追加されたオプションを利用したりする場合は、ミー文字を選択した状態で「…」をタップし表示された画面で「編集」をタップしよう。

「メッセージ」アプリで「ステッカー」ボタンをタップすると、作成済みのミー文字を選べるので、そこで対応するミー文字ステッカーを入力できる。ここでは「…」をタップしよう
「メッセージ」アプリで「ステッカー」ボタンをタップすると、作成済みのミー文字を選べるので、そこで対応するミー文字ステッカーを入力できる。ここでは「…」をタップしよう
[画像のクリックで拡大表示]
新規にミー文字を作成する場合は「新しいミー文字」をタップ。現在選択中のミー文字をアレンジする場合は「編集」をタップしよう
新規にミー文字を作成する場合は「新しいミー文字」をタップ。現在選択中のミー文字をアレンジする場合は「編集」をタップしよう
[画像のクリックで拡大表示]

 iOS 15のアップデートでミー文字に設定できるオプションが追加され、服装のバリエーションは40種類以上に増えた。服の種類が増えただけでなく、色を最大3色まで指定できるようになったので、より自分らしく仕上げられるようになった。以前の機能でミー文字を作成しているユーザーもチェックしてみてほしい。

 特にミー文字ステッカーでは顔だけでなく、上半身を使って表現される場合も多く、着る服にもこだわりたいところだ。

ミー文字ステッカーでアバターに着せられる服の種類が増えて、最大3色の色を選択できるようになった
ミー文字ステッカーでアバターに着せられる服の種類が増えて、最大3色の色を選択できるようになった
[画像のクリックで拡大表示]
ミー文字ステッカーは顔の表情だけでなく、上半身を使って表現するパターンも多い
ミー文字ステッカーは顔の表情だけでなく、上半身を使って表現するパターンも多い
[画像のクリックで拡大表示]