全1976文字
PR
(写真:伊藤朝輝、以下同じ)
(写真:伊藤朝輝、以下同じ)
[画像のクリックで拡大表示]

 iPhoneのOS「iOS 15.4」に「マスク着用時Face ID」機能が搭載され、「iPhone 12」以降のモデルでマスク着用のままでも顔認証(Face ID)が利用できるようになった。

 これによってロック解除のほか、電子マネーでの決済やネットバンキングへのログインなど、様々な認証場面でマスクを着けたままFace IDが使えるようになる。「マスク着用時Face ID」の設定方法や同様にマスクを着けたままiPhoneのロックを解除する機能「Apple Watchでロック解除」との違いも併せて紹介しよう。

マスクをしたままiPhoneのロックを解除

 新型コロナウイルス感染予防でマスクを着用する機会が増えた現在、マスクを着けたまま顔認証ができないiPhoneのFace IDは何かと不便だったが、ようやくそれが解消される。ただしこれにはiPhone 12以降のモデルが必要で、それ以前のFace ID搭載モデルは残念ながら対象外だ。

 対象のiPhoneをiOS 15.4にアップデートすると、再起動時に表示されるセットアップアシスタントでマスク着用時にFace IDを使用するか否かを選択する画面が表示される。「マスク着用時Face ID」機能を使用する場合は「マスク着用時にFace IDを使用する」をタップする。後から「設定」→「Face IDとパスコード」とタップして表示された画面で「マスク着用時Face ID」をオンにして設定してもよい。

iPhone 12以降のモデルをiOS 15.4にアップデートすると再起動時に表示されるアシスタントで「マスク着用時Face ID」機能を設定できる
iPhone 12以降のモデルをiOS 15.4にアップデートすると再起動時に表示されるアシスタントで「マスク着用時Face ID」機能を設定できる
[画像のクリックで拡大表示]
「設定」→「Face IDとパスコード」とタップして表示された画面から「マスク着用時Face ID」を設定することもできる
「設定」→「Face IDとパスコード」とタップして表示された画面から「マスク着用時Face ID」を設定することもできる
[画像のクリックで拡大表示]