全1413文字
PR
(写真:伊藤朝輝、以下同じ)
(写真:伊藤朝輝、以下同じ)
[画像のクリックで拡大表示]

 iPhoneの「写真」アプリには、普段は見たくないけれども削除もしたくない写真や、他人には隠しておきたい写真などを格納する際に便利な「非表示」アルバム機能が搭載されている。

 今回は写真を非表示アルバムに入れる方法と非表示アルバムそのものを非表示にする方法を紹介。最後に「編集」機能を使って写真を隠す裏技を紹介しよう。

見られたくない写真を非表示アルバムに入れる

 プライバシー保護の観点からは、iPhoneを他人に操作させないほうがよいのはもっともなのだが、家族や仲のよい友人などに写真を見せる際に、自分のiPhoneを手渡して見てもらうことはあるかもしれない。

 その際、見せたい写真をアルバムにまとめて、そのアルバムだけを見てもらうのが、お互いに気まずくないやり方だろう。

 それでも不意の操作で「ライブラリ」が表示されてしまう場合がないとはいえない。もしライブラリーに見られたくない写真がある場合は、非表示アルバムに移動してライブラリーには表示されないようにしておく方法がある。

 写真を非表示アルバムに移動するには、写真を選択して画面左下の共有ボタンをタップ。表示されたシートで「非表示」をタップし、続く画面で「○枚の写真を非表示」をタップすると、選択した写真は非表示アルバムに移動して、ライブラリーから消える。

 1枚ずつ非表示アルバムに移動する場合は、その写真を長押しして表示された画面で「共有」をタップし、上と同じように操作するとよい。

ライブラリー上で非表示にしたい写真を選択して、画面左下の共有ボタンをタップする(赤い枠は筆者が付けた)
ライブラリー上で非表示にしたい写真を選択して、画面左下の共有ボタンをタップする(赤い枠は筆者が付けた)
[画像のクリックで拡大表示]
表示されたシートにある「非表示」をタップ(赤い枠は筆者が付けた)
表示されたシートにある「非表示」をタップ(赤い枠は筆者が付けた)
[画像のクリックで拡大表示]
「○枚の写真を非表示」をタップすると、ライブラリー上は非表示となる(赤い枠は筆者が付けた)
「○枚の写真を非表示」をタップすると、ライブラリー上は非表示となる(赤い枠は筆者が付けた)
[画像のクリックで拡大表示]

 これで見られたくない写真がライブラリーから非表示になった。非表示アルバムに移動した写真を見る方法や元に戻す方法は次で紹介する。