PR

iPhoneは「再アクティベーション」の作業が必要

 続いて、アップル製iPhone X(ソフトバンク版)のSIMロック解除です。

 オンラインサービスの「My SoftBank」にアクセスして、端末のIMEI番号を入れることで、SIMロック解除用のコードが発行され、SIMロック解除の準備ができます。

オンラインサービスのMy SoftBank
オンラインサービスのMy SoftBank
[画像のクリックで拡大表示]

 ここで注意が必要なのは、iPhoneのSIMロック解除をするためには、元の通信会社以外のSIMカードを入れて、「再アクティベーション」をする必要があることです。SIMロックが解除された後は、他社のSIMカードに差し替えても、アクティベーション不要で利用できます。

iPhone X(ソフトバンク版)にSIMカードを差し替えてアクティベーションする
iPhone X(ソフトバンク版)にSIMカードを差し替えてアクティベーションする
[画像のクリックで拡大表示]

 ドコモ回線のMVNOサービスであるIIJmioのSIMードを挿して再アクティベーションを実行し、IIJmioの構成プロファイルをインストールして、ドコモ回線で通信をすることができました。

iPhone X(ソフトバンク版)がNTTドコモの電波を掴んでいる様子
iPhone X(ソフトバンク版)がNTTドコモの電波を掴んでいる様子
[画像のクリックで拡大表示]

 こうして、ドコモ版Galaxy Note 8をau回線のUQモバイルで使い、ソフトバンク版iPhone Xをドコモ回線のIIJmioで使う、ということがSIMロック解除により可能になりました。

 現実的に考えれば、割賦契約で購入した端末なので、SIMロック解除しても回線は解約せずに使う方が、端末割引が適用されるためリーズナブルです。SIMロック解除は、割賦契約終了後に他社への乗り換えを考える段になって検討するのが現実的でしょう。解除すれば、今回紹介したように格安SIMで運用したり、海外で現地のSIMカードを使ったりすることが可能になります。