PR

新たな観戦体験をデザイン

 HOKのデザインプリンシパルで上級副社長のウィリアム・ジョンソン氏は、こう語る。

 「我々が目指したのは、来場者の観戦体験を一新することだ。今の来場者は、自分の席にじっと座って試合を観るのではなく、スタジアム内を歩き回り、いろいろな角度から試合を観て楽しむ。単に試合観戦だけでなく、様々な体験ができることを期待している。そのための最適な手段が、360度に展開するリング状のスクリーンであり、ユニークに開閉する屋根だ。この2つは新たな観戦体験をデザインするため、一体で解く必要があった」

スタジアムの東面。外装にはETFEパネルを採用した。エントランス前のオープンスペースには、巨大なファルコン像が設置されている(写真:谷口 りえ)
スタジアムの東面。外装にはETFEパネルを採用した。エントランス前のオープンスペースには、巨大なファルコン像が設置されている(写真:谷口 りえ)
[画像のクリックで拡大表示]
南東側からメルセデス・ベンツ・スタジアムを見る。右手前に見えるのが、NBAのアトランタ・ホークス本拠地の「フィリップス・アリーナ」だ。HOKの改修設計により2019年シーズンにもリニューアルオープンを予定している(写真:谷口 りえ)
南東側からメルセデス・ベンツ・スタジアムを見る。右手前に見えるのが、NBAのアトランタ・ホークス本拠地の「フィリップス・アリーナ」だ。HOKの改修設計により2019年シーズンにもリニューアルオープンを予定している(写真:谷口 りえ)
[画像のクリックで拡大表示]