全2665文字

 国土の7割が森林で占められる日本。木造建築の有用性を見直し、豊かな森林資源と共生する道が模索されている。大林組は、木を建材やエネルギー源として活用する巨大木造建築「LOOP50」の構想を練り、森の生活を実現する方法を研究している。

この記事は有料会員限定です

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌7誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

有料会員と登録会員の違い