全1356文字
PR

「令和」の幕開けが近づき、「平成」を振り返る機運がますます高まっている。4月、5月の本欄は、東京・神保町の建築専門書店「南洋堂書店」の関口奈央子氏が、「平成の建築を変えた名著」15冊を紹介する。第3回は、「東京の地霊」(鈴木博之著、1990年)、「リノベーション・スタディーズ」(五十嵐太郎著、リノベーション・スタディーズ編、2003年)の2冊。「記憶」を設計に取り入れることが欠かせなくなった昨今の流れを考えさせる。

この記事は有料会員限定です

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌7誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

「初割」実施中!日経電子版とセットで2カ月無料


日経クロステックからのお薦め

初割 電子版セット 2カ月無料