全1278文字

 高齢化の進行や外国人労働者の受け入れ拡大などを受け、地域や多文化の「共生社会」を目指した取り組みが進んでいる。東京・神保町の建築専門書店「南洋堂書店」の関口奈央子氏が、2019年7月は「共生」をテーマに3冊を紹介します。1冊目は「造景2019」(八甫谷邦明編、建築資料研究社、2019年)。多様性を認める社会に向けて、「まちづくり」ではどのような試みをしていくべきかを考えます。

この記事は有料会員限定です

【春割実施中】日経電子版セットで2カ月無料

  日経電子版セットだと日経クロステックが月々650円お得

詳しくは日経クロステック有料会員お申し込みのページで。


日経クロステックからのお薦め

日経クロステック 春割 日経電子版セット 2カ月無料