全1349文字

 働き方の変化で薄らぐ「愛社精神」を育み、モチベーション向上を図る「社内(インナー)コミュニケーション」が注目されている。個人主義化が進む今、「一体感」を生み出す工夫が必要となった。東京・神保町の建築専門書店「南洋堂書店」の関口奈央子氏が、2019年11月は「一体感」をテーマに3冊を紹介します。第2回は「建築家 浦辺鎮太郎の仕事 倉敷から世界へ、工芸からまちづくりへ」(浦辺鎮太郎建築展実行委員会監修、松隈洋・笠原一人・西村清是編著、学芸出版社、2019年)。建築家・浦辺鎮太郎の生きざまから、地域における設計者の役割について考えます。

この記事は有料会員限定です

【春割実施中】日経電子版セットで2カ月無料

  日経電子版セットだと日経クロステックが月々650円お得

詳しくは日経クロステック有料会員お申し込みのページで。


日経クロステックからのお薦め

日経クロステック 春割 日経電子版セット 2カ月無料