全1065文字

 「データの有効活用」は、現代を生き抜くためのキーワードである「価値創造」に必須なばかりか、私たちの生活を支えるインフラになりつつある。東京・神保町の建築専門書店「南洋堂書店」の関口奈央子氏が、12月は「記録」をテーマに3冊を紹介します。第1回は「土壁と杮-妙喜庵 待庵 書院及び茶室待庵保存修理の写真記録」(竹中大工道具館+ビュッター公園編、竹中大工道具館、2019年)。建築が受け継がれるために必要なことについて考えます。

この記事は有料会員限定です

【春割実施中】日経電子版セットで2カ月無料

  日経電子版セットだと日経クロステックが月々650円お得

詳しくは日経クロステック有料会員お申し込みのページで。


日経クロステックからのお薦め

日経クロステック 春割 日経電子版セット 2カ月無料