PR

 今回紹介するSIMフリースマートフォンは、モトローラ・モビリティ・ジャパン(以下、モトローラ)が2018年6月8日に発売した「moto g6 plus」だ。モトローラは同日「moto e5」と「moto g6」も発売したが、3モデルの中では「moto g6 plus」が最もスペックが高い。

 moto g6 plusは、画面アスペクト比が18:9の縦長ディスプレイとデュアルカメラを搭載する昨今のトレンドを踏まえたモデルだ。実勢価格は税別で約3万9000円。SIMフリー市場で競合する中国ファーウェイや台湾エイスーステック・コンピュータ(ASUSTek Computer)に勝負を挑む、戦略的な価格設定と言えそうだ。メーカーから借りたサンプル機を使ってみた。

モトローラ・モビリティ・ジャパンが6月8日に発売した「moto g6 plus」。量販店、Eコマースのほか、一部のMVNOも取り扱う
モトローラ・モビリティ・ジャパンが6月8日に発売した「moto g6 plus」。量販店、Eコマースのほか、一部のMVNOも取り扱う
(撮影:村元 正剛、以下同じ)
[画像のクリックで拡大表示]
背面にはデュアルカメラを搭載し、モトローラのロゴも印されている
背面にはデュアルカメラを搭載し、モトローラのロゴも印されている
[画像のクリックで拡大表示]

大画面ディスプレイと持ちやすさを両立

 moto g6 plusのOSはAndroid 8.0。CPUはクアルコムのSnapdragon 630(2.2GHz×8コア)で、RAMは4GB、ストレージは64GBという構成だ。現行のAndroidスマートフォンの中では、ミドルハイに位置付けられる。

 ディスプレイは画面アスペクト比が18:9で、画面サイズは5.93インチ。解像度はフルHDを縦に長くしたフルHD+(2160×1080ドット)となっている。18:9の縦長ディスプレイは、昨年(2017年)来、ハイエンドモデルを中心にトレンドになっている。画面の左右だけではなく上部のベゼルも狭くして、ノッチ(切り欠き)を設ける機種も多いが、moto g6 plusはノッチを設けない長方形のディスプレイとなっている。上部にはスピーカーとインカメラ、LEDフラッシュを搭載。下部には指紋センサーを搭載している。

 本体サイズは高さ約159.9×幅約75.5×厚さ約8.1mm(最薄部)で、重さは約165g。画面サイズのわりに横幅は細いといえる。

 背面にもガラスが用いられ、左右のエッジ部は曲面の3Dガラスを採用している。ツルッとした手触りで、光沢も強く、高級感のある仕上がりだ。カラーバリエーションはディープインディゴ(黒に近いブルー)のみ。鏡面仕上げで、光のあたり方によって色味が違って見える。最初に見たときは指紋が付着しやすいのではと思ったが、実際は指紋が付きにくく、付いたとしても目立ちにくい。ラウンドフォルムが手に馴染みやすいので、ケースに入れずに使ってもいいだろう。

しっかりと掴めるサイズ感だが、片手でできる操作には制約がある
しっかりと掴めるサイズ感だが、片手でできる操作には制約がある
[画像のクリックで拡大表示]
電源ボタンと音量ボタンは右サイドに搭載
電源ボタンと音量ボタンは右サイドに搭載
[画像のクリックで拡大表示]
nanoSIMを2枚とmicroSDをセットできる。国内3キャリアのネットワークに対応し、デュアルSIMデュアルスタンバイ(DSDS)にも対応
nanoSIMを2枚とmicroSDをセットできる。国内3キャリアのネットワークに対応し、デュアルSIMデュアルスタンバイ(DSDS)にも対応
[画像のクリックで拡大表示]
底部にUSB Type-Cポートがある。独立したイヤホンジャックも備える
底部にUSB Type-Cポートがある。独立したイヤホンジャックも備える
[画像のクリックで拡大表示]