PR

 世界最大級の家電展示会「IFA 2018」が2018年8月31日から9月5日、ドイツ・ベルリンで開催された。白物家電やAV製品の出展が多いイベントだが、スマートフォンの出展も少なくなかった。ソニーモバイルコミュニケーションズが最新フラッグシップモデル「Xperia XZ3」を発表したり、シャープが有機ELディスプレーを搭載する試作機を公開したりした。

 今回は、IFA 2018で筆者が実際に見て触れ、「日本で発売してほしい」と思ったスマートフォンを紹介する。日本での発売が未定の機種が多いが、いずれもSIMフリーとして登場する可能性は十分ある。

シャープ初の有機ELディスプレー搭載モデル、日本発売の可能性大

 2018年から欧州のスマートフォン市場に再参入したシャープ、これまでに2機種を発売し、2018年9月にはミドルハイモデル「AQUOS D10」の出荷を開始する予定だ。IFA 2018では、さらに有機ELディスプレーを搭載する新機種を2018年内に発売することを明らかにした。液晶ディスプレーで有名な同社がスマホに有機ELを採用するのはこの機種が初めてである。

シャープが2018年の第3四半期(10月~12月)の発売を予定している有機ELディスプレー搭載モデル
シャープが2018年の第3四半期(10月~12月)の発売を予定している有機ELディスプレー搭載モデル
(撮影:村元 正剛、以下同じ)
[画像のクリックで拡大表示]

 この機種は、まだモデル名が付いておらず、スペックも公表されていない。ただ実物を見る限り、画面サイズは6インチ相当と思われる。左右の縁を細くし、上部にノッチ(切り欠き)がある昨今のトレンドとなっているデザインを採用。同社が液晶ディスプレーで培った「フリーフォームディスプレイ」技術を用いて、表面が緩やかなカーブを描いていることが特徴だ。

シャープの「フリーフォームディスプレイ」技術、ディスプレー全体を緩やかな曲面にできる
シャープの「フリーフォームディスプレイ」技術、ディスプレー全体を緩やかな曲面にできる
[画像のクリックで拡大表示]

 背面にはシングルレンズのカメラと指紋センサーを搭載。その間にFeliCaマークを確認できた。FeliCaは日本のおサイフケータイに用いられるNFCの規格。日本で発売される可能性は非常に高いだろう。

背面にはFeliCaマークがあり、日本市場を想定した製品であると見受けられた
背面にはFeliCaマークがあり、日本市場を想定した製品であると見受けられた
[画像のクリックで拡大表示]

ZTEが復活に向けた渾身のモデル「AXON 9 Pro」

 北朝鮮やイランへの禁輸措置に違反したとして、米商務省から米国製部品の調達を禁止する制裁を受けた、中国通信大手の中興通訊(ZTE)。事実上、事業が続けられない状態に陥っていたが、2018年7月に制裁が解除された。IFA 2018では、最新フラッグシップモデルの「AXON 9 Pro」を発表し、本格的な再始動をアピールした。

ZTEの最新フラッグシップモデル「AXON 9 Pro」
ZTEの最新フラッグシップモデル「AXON 9 Pro」
[画像のクリックで拡大表示]

 AXON 9 Proは、現在トップクラスのパフォーマンスを誇る米クアルコム(Qualcomm)のSnapdragon 845を採用。RAM(メモリー)は6Gバイト、ROMは128Gバイトのハイエンドモデルだ。6.21インチの有機ELディスプレーはフルHD+(2248×1080ドット)の高解像度。上部にノッチがある、はやりの縦長ディスプレーを搭載する。メインカメラは1200万画素+2000万画素のデュアルカメラで、フロントカメラは2000万画素。カメラの性能の高さも魅力だ。

 ガラスを用いた背面は美しく、手にしっくりと馴染む。価格にもよるが、日本向けにSIMフリーで発売されたら人気のモデルになると思う。

落ち着いた輝きを放つ背面のガラスパネル。従来のZTE製スマホのデザインよりも洗練されて、多くの人に好まれそうだ
落ち着いた輝きを放つ背面のガラスパネル。従来のZTE製スマホのデザインよりも洗練されて、多くの人に好まれそうだ
[画像のクリックで拡大表示]