全2157文字

AIカメラはそこそこの画質で撮れる

 カメラは、背面の有効画素数は約1200万画素で、F値2.0。前面は約800万画素で、F値2.2。スペック的に突出したものではなく、むしろ現行機種では低い方だ。

背面カメラはシングルレンズで約1200万画素
背面カメラはシングルレンズで約1200万画素
[画像のクリックで拡大表示]

 背面カメラは、人工知能(AI)によって自動で最適な撮影シーンを設定できる「AIオート」機能を備える。初期設定はAIオートになっているが、AIを使わない「オート」の撮影モードも選べる。2つのどちらを使った方がいいのか、迷う人がいるかもしれない。筆者が使ってみた感触では大差はないようだ。しかし、AIオートの場合はQRコードを認識して、自動で読み取る。これは便利に思えた。

撮影モードは「AIオート」「オート」「マニュアル」から選べる
撮影モードは「AIオート」「オート」「マニュアル」から選べる
[画像のクリックで拡大表示]
AIオートで景色を撮影した写真
AIオートで景色を撮影した写真
[画像のクリックで拡大表示]
AIオートで花を撮影した写真。対象物を花と認識し、画面には花のアイコンが表示された
AIオートで花を撮影した写真。対象物を花と認識し、画面には花のアイコンが表示された
[画像のクリックで拡大表示]
AIオートで人物を撮影した写真
AIオートで人物を撮影した写真
[画像のクリックで拡大表示]
AIオートで食べ物を撮影した写真。対象物が食べ物であると認識し、画面には食器のアイコンが表示された
AIオートで食べ物を撮影した写真。対象物が食べ物であると認識し、画面には食器のアイコンが表示された
[画像のクリックで拡大表示]