全2157文字

 シャープの独自機能は、「設定」から選択できる。「AQUOS便利機能」というアプリを起動すると使用可能な機能を確認でき、必要なものだけを選べる。

 筆者が便利だと思ったのは「Clip Now」という機能。画面の端をなぞるだけでスクリーンショットが撮れる。初期設定では、画面の上端を横になぞると通常のスクリーンショットが撮れる。画面の左右どちらかを縦になぞると一時メモとして画面に残り、そのままSNSなどで他の人と共有できる。

ホーム画面の「AQUOS便利機能」をタップすると、AQUOSスマホが持つ独自機能の利用設定ができる
ホーム画面の「AQUOS便利機能」をタップすると、AQUOSスマホが持つ独自機能の利用設定ができる
[画像のクリックで拡大表示]
「Clip Now」を有効にすると、スクリーンショットを撮って、すぐに共有できる
「Clip Now」を有効にすると、スクリーンショットを撮って、すぐに共有できる
[画像のクリックで拡大表示]
ホーム画面を見やすくシンプルにする「かんたんモード」
ホーム画面を見やすくシンプルにする「かんたんモード」
[画像のクリックで拡大表示]

 AQUOS sense2は、これといって強い個性がある端末ではない。しかし、Androidスマホを使ったことがある人なら、スムーズに使いこなせるはずだ。ヘビーユーザーでない限り、操作性やパフォーマンスに不満はないだろう。ただし、カメラをデジタルカメラ代わりに使いたいのであれば、もう少し予算を上げてミドルハイまたはハイエンドモデルを選ぶのをお勧めする。

 おサイフケータイに対応しているのは強み。現在、通信キャリアのエントリーモデルやミドルレンジモデルを使っていて、格安SIMに乗り換えたい人にはちょうどいい選択肢の一つになる。

おサイフケータイに対応しているのは便利
おサイフケータイに対応しているのは便利
[画像のクリックで拡大表示]
村元 正剛
ゴーズ 代表取締役
NTTドコモがiモードを開始した1999年からモバイル業界を取材するITライター。さまざまな雑誌やWebメディアにスマートフォンを中心にモバイル機器のレビュー記事を寄稿する。2005年に編集プロダクション「ゴーズ」を設立し、現職。