全3363文字
PR

 なお、月額1000円で使える通信速度は公表されていない。2017年7月までは、標準モードでの通信速度は「500kビット/秒程度」と案内されていたが、2017年8月からは「無制限」となった。

 そこで、Chromeを使ったインターネット速度テストを行ってみた。結果は下り速度が10Mビット/秒を超えることもあれば、1Mビット/秒程度しか出ないときもあり、かなりバラツキがあった。

 アプリのダウンロードは自宅でWi-Fiに接続したときに行えばいいが、外出時に動画サイトの「YouTube」を見たり、ブラウザーやSNSをサクサクと使ったりしたいのであれば、高速チケットオプションの購入が必要になる。

筆者が数回計測した結果でのダウンロード最高速度は10.9Mビット/秒だった
筆者が数回計測した結果でのダウンロード最高速度は10.9Mビット/秒だった
[画像のクリックで拡大表示]
アップロードの最高速度は1.87Mビット/秒
アップロードの最高速度は1.87Mビット/秒
[画像のクリックで拡大表示]

アウトカメラでもインカメラでも背景をぼかせる

 TONE e19はトーンモバイルの端末として初めてデュアルカメラを搭載している。有効画素数は1200万画素+500万画素で、1200万画素をメインカメラとして使い、500万画素カメラは「ポートレート」や「ぼかし」モードで撮影する際に有効になるようだ。実際に、いろいろなものを撮影してみたが、スマホのカメラとしては画質は満足できる水準に達していると思う。

「ぼかし」を選択すると、ピントを合わせる位置を指定して、背景や前景をぼかせる
「ぼかし」を選択すると、ピントを合わせる位置を指定して、背景や前景をぼかせる
[画像のクリックで拡大表示]
ぼかさずに撮影した作例
ぼかさずに撮影した作例
[画像のクリックで拡大表示]
手前の招き猫にピントを合わせて、背景をぼかした作例
手前の招き猫にピントを合わせて、背景をぼかした作例
[画像のクリックで拡大表示]
曇りの日に撮影した作例。落ち着いた色味で撮れる印象
曇りの日に撮影した作例。落ち着いた色味で撮れる印象
[画像のクリックで拡大表示]
東京・渋谷の夜景を撮影。エントリーモデルでこの画質で撮れたら上々だろう
東京・渋谷の夜景を撮影。エントリーモデルでこの画質で撮れたら上々だろう
[画像のクリックで拡大表示]
「ポートレート」モードにすると、任意の度合いで背景をぼかせる
「ポートレート」モードにすると、任意の度合いで背景をぼかせる
[画像のクリックで拡大表示]