全3363文字
PR

 ノッチに搭載されたインカメラは800万画素。肌がきれいに写るように補正する「フェイスビューティー」や背景をぼかせる「ポートレート」という機能を備えている。昨今のスマホとして標準的な機能と画質を実現していると言ってよい。

「フェイスビューティー」をめいっぱいに設定すると肌がきれいになる。不自然に補正されるわけではないので、男性でも活用できそうだ
「フェイスビューティー」をめいっぱいに設定すると肌がきれいになる。不自然に補正されるわけではないので、男性でも活用できそうだ
[画像のクリックで拡大表示]
インカメラはシングルレンズだが、背景をナチュラルにぼかせる
インカメラはシングルレンズだが、背景をナチュラルにぼかせる
[画像のクリックで拡大表示]

 端末料金のみならず、毎月の利用料の安いTONE e19は、子どもに持たせるスマホとしては魅力だ。

 ただし、あくまでもエントリー向けモデルなので、一度でもハイエンドモデルを使ったことがある人は、反応の鈍さや通信速度の遅さが気になるだろう。iPhoneやトーンモバイル以外のAndroidスマホでも「TONE見守り」というアプリをダウンロードできる。子どもにTONE e19を持たせて、親は今使っているスマホをそのまま使う選択肢もある。

村元 正剛
ゴーズ 代表取締役
NTTドコモがiモードを開始した1999年からモバイル業界を取材するITライター。さまざまな雑誌やWebメディアにスマートフォンを中心にモバイル機器のレビュー記事を寄稿する。2005年に編集プロダクション「ゴーズ」を設立し、現職。