PR
全2917文字

 今回紹介するSIMフリースマホは、モトローラ・モビリティ・ジャパンが2019年6月7日に発売した「moto g7 plus」だ。

 同機種は「moto g7」シリーズの最上位モデル。このシリーズは合計で3モデルが同時にリリースされた。最上位モデルのmoto g7 plusで3万8800円(税別、以下同)、ほぼ同スペックだが少しだけ価格を抑えた「moto g7」が3万800円。そして、5000mAhの大容量バッテリーを搭載するが、性能は低めの「moto g7 power」が2万5800円である。

 以下では、最上位モデルのmoto g7 plusを、同シリーズのmoto g7やmoto g7 powerと比較しながらレビューする。

左からmoto g7 power、moto g7、moto g7 plus。g7 plusとg7は6.24インチ(2270×1080)のディスプレーを搭載し、上部にしずく型のノッチ(切り欠き)がある。g7 powerは6.2インチ(1520×720)のディスプレーで、他の2モデルよりもノッチが広い
左からmoto g7 power、moto g7、moto g7 plus。g7 plusとg7は6.24インチ(2270×1080)のディスプレーを搭載し、上部にしずく型のノッチ(切り欠き)がある。g7 powerは6.2インチ(1520×720)のディスプレーで、他の2モデルよりもノッチが広い
(撮影:村元 正剛、以下同)
[画像のクリックで拡大表示]
左からmoto g7 power、moto g7、moto g7 plus。背面のデザインは共通しているが、g7 plusとg7がデュアルカメラで、g7 powerはシングルカメラ。3機種いずれも、モトローラのロゴの部分は指紋センサー
左からmoto g7 power、moto g7、moto g7 plus。背面のデザインは共通しているが、g7 plusとg7がデュアルカメラで、g7 powerはシングルカメラ。3機種いずれも、モトローラのロゴの部分は指紋センサー
[画像のクリックで拡大表示]

大画面ディスプレーの視認性は上々

 moto g7 plusの画面サイズは6.24インチ。IPS方式の液晶ディスプレーを採用し、アスペクト比は19:9。解像度はフルHD+(2270×1080ドット)で、小さな文字でもくっきりと表示される。ナチュラルかつ落ち着いた色で表示される印象だ。

地図を表示した画面。小さい文字もくっきりと読みやすく表示される
地図を表示した画面。小さい文字もくっきりと読みやすく表示される
[画像のクリックで拡大表示]

 ディスプレー上部にノッチがあり、そこにインカメラを搭載。フロントパネルのほとんどの部分を画面が占めているが、昨今のハイエンドモデルに比べるとベゼルは太めだ。横幅は約75.3mmあり、片手でしっかりつかめるサイズ感だが、片手での文字入力は難しいだろう。

moto g7 plusのサイズは約高さ157×幅75.3×厚さ8.27ミリで、重さは約172グラム。ベゼルは太めだが、画面の端に指が触れることによる誤操作は少ないはず
moto g7 plusのサイズは約高さ157×幅75.3×厚さ8.27ミリで、重さは約172グラム。ベゼルは太めだが、画面の端に指が触れることによる誤操作は少ないはず
[画像のクリックで拡大表示]
画面を縮小表示にする「片手モード」
画面を縮小表示にする「片手モード」
[画像のクリックで拡大表示]

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
有料会員と登録会員の違い