全2659文字
PR

 今回レビューするSIMフリースマートフォンは、ドリーム・トレイン・インターネットが運営する通信サービス「トーンモバイル」の「TONE e20」だ。

今回レビューするSIMフリースマートフォン「TONE e20」
今回レビューするSIMフリースマートフォン「TONE e20」
(撮影:村元 正剛、以下同じ)
[画像のクリックで拡大表示]

 トーンモバイルはNTTドコモの回線を使うMVNO(仮想移動体通信事業者)である。ただ格安SIMを売るだけではなく、子どもが安全に使える独自サービスなどを提供し、自社で端末も開発しているのが特徴だ。大手キャリアと同じように通信、端末、コンテンツを手掛ける垂直統合のビジネスを展開している。

 TONE e20は2020年2月20日に発売された最新モデルで、価格は1万9800円(一括払いの場合、税別)となっている。同社から借りた端末を1週間ほど使ってみた。

価格を考えれば見栄えは良い

 TONE e20は、6.26インチのディスプレーを搭載している。画面縦横比は19.5:9で、2〜3年前から主流になっている縦長ディスプレーである。

 画面上部にノッチ(切り欠き)があり、そこにインカメラ(800万画素)を搭載している。解像度は1520×720ドット。高くはないが、Webやメール、動画を見たりする上で不満を感じることはなかった。

6.26インチの液晶ディスプレーを搭載。視認性は上々
6.26インチの液晶ディスプレーを搭載。視認性は上々
[画像のクリックで拡大表示]

 画面縁(ベゼル)はわりと太めで、横幅は76.5ミリある。大人が使うぶんには違和感のないサイズだが、子どもは年齢にもよるが大きいのではないかと感じた。個人的には、ひと回り小さい、子ども向けモデルがあってもいいのではないかと思う。

 背面にトリプルカメラ(1200万画素+1300万画素+200万画素)を搭載し、指紋センサーも備えている。顔認証にも対応しているので、マスクを着けているときは指紋、手袋をしているときは顔と、使い分けられるのが便利だ。

 背面パネルは一見するとシンプルな白なのだが、細かいラメをちりばめたようなキラキラとした意匠が施されている。質感が異なるサイドフレームも含め、多くの人に好まれるデザインに仕上がっているように感じる。

大人の手なら、しっかりつかめるサイズ感。背面にトリプルカメラと指紋センサーを搭載
大人の手なら、しっかりつかめるサイズ感。背面にトリプルカメラと指紋センサーを搭載
[画像のクリックで拡大表示]
右側面に電源ボタンと音量ボタンを搭載
右側面に電源ボタンと音量ボタンを搭載
[画像のクリックで拡大表示]
上部にイヤホンジャックを搭載
上部にイヤホンジャックを搭載
[画像のクリックで拡大表示]

 唯一、残念に思ったのはUSBポートがmicroUSBである点だ。最近は、表裏どちらでも挿せるType-Cが主流になってきているので、価格が少し高くなったとしてもType-Cにしてほしかった。

底部のUSBポートはmicroUSBだ
底部のUSBポートはmicroUSBだ
[画像のクリックで拡大表示]