全2434文字
PR

 今回紹介するSIMフリースマートフォンは、中国TCL集団の「TCL 10 Pro」だ。TCLは中国の大手家電メーカーで、2019年はテレビの出荷台数で世界第2位の実績を持つ。スマートフォンは従来、BlackBerry、Alcatelといった他社ブランドの製造・販売を手掛けていたが、2019年12月に日本で発売された「TCL PLEX」から、自社ブランドでの商品展開を開始した。

中国TCL集団の「TCL 10 Pro」
中国TCL集団の「TCL 10 Pro」
(撮影:村元 正剛、以下同じ)
[画像のクリックで拡大表示]

 2020年1月にラスベガスで開催されたCESで、世界に向けて「TCL 10」シリーズ3機種を発売すると発表し、4月に正式に発表した。3機種の中には5G対応モデルも含まれるが、今のところ日本で発売されるのはこの「TCL 10 Pro」のみである。

 5Gには対応しておらず、4G LTEはドコモ、KDDI(au)、ソフトバンクのネットワークに対応している。TCLの正規代理店、FOXのオンラインストアでの価格は4万9280円(税込み)だが、MVNOによっては期間限定のキャンペーンが適用されて3万円台で買えるようだ。

 FOXから借りた端末を1週間ほど使ってみた。ここでは主な機能を紹介していく。

個人的に上半期ナンバーワンだと思う美しいデザイン

 TCL 10 Proは6.47インチの有機ELディスプレーを搭載。左右のエッジは曲面になっている。上部にノッチを設けて、そこにフロントカメラを搭載する。画面アスペクト比は19.5:9で、解像度は2340×1080ドットだ。

6.47インチの縦長ディスプレーは、小さい文字の視認性も高い
6.47インチの縦長ディスプレーは、小さい文字の視認性も高い
[画像のクリックで拡大表示]
撮影した写真や動画も見栄えよく表示できる
撮影した写真や動画も見栄えよく表示できる
[画像のクリックで拡大表示]

 本体サイズは158.5×72.4×9ミリで、重さは177グラム。スペック上はさほど薄くも軽くもないが、実際に手にすると思った以上に薄く軽く、横幅が細いと感じる。おそらくフロントパネルと背面パネルのどちらにも曲面処理が施され、サイドフレームを細くしたことによるものだろう。

手にフィットしやすく、スペック値よりもスリムで軽く感じる
手にフィットしやすく、スペック値よりもスリムで軽く感じる
[画像のクリックで拡大表示]